fc2ブログ

ポトスの白い粉の正体(虫注意)

  • 2017/09/19(火) 09:00:00

うちにはポトスの鉢植えが3個あります。

ダンナの会社に観葉植物として飾っていたのですが、6月末経費削減のため植物をメンテする業者との契約を更新しないことになりまして、ポトスを含む多種多様の観葉植物を「持ってけドロボー」と社員に振る舞ったらしいです。

で、ダンナがポトスの鉢植えを4個持って帰りました。
え?一鉢どうなったのかって?

その話はこ・れ・か・ら♪

あ、ネタバレになりますが、虫が出てきますんで多足動物苦手な方はここでストップ。
いいわね?忠告したわよ?

カリフォルニアに行ってる間、10日間だから大丈夫だろうということで、日向から日陰に移して出発前に水をたーっぷりやってそのまま出かけました。

で、帰ってきたら、4鉢のうち2鉢のポトスの葉に白い粉がついてたのです。
pothos1701.jpg

最初に頭に浮かんだのは、

カビ!?

で、葉っぱの上の白い粉を指で拭き取ったら、

ねば~

っとしてるのです。
pothos1702.jpg

困ったときのネット頼み。
ポトス・白い粉でググってみた結果、この白い粉の正体が判明しました。

それは、

コナカイガラムシ!

ギャーーーー!!penguinpaniclg.gif

カイガラムシったらあのみかんに引っ付いてゴマみたいになってるヤツだと思ってましたが、
250px-Unaspis_yanonensis_of_mikan.jpg
(画像はWiki「カイガラムシ」より拝借)

あれはいろんな種類のカイガラムシの一種にしか過ぎなかったのですね。

葉っぱだけではなく、茎なども注意してみると、あちこちにカイガラムシがへばくりついているではありませんか!
pothos1703.jpg

体長1~2ミリ、大きくても3ミリくらいの虫です。
pothos1704.jpg
これが樹液を吸って体から白い蝋のようなものを分泌するのだそうです。

カイガラムシの多くは一旦寄生した植物に口針を刺したら、そこから動かずに一生を終えるので、脚・複眼・触覚などが退化してそれこそみかんのゴマみたいになるのですが、このコナカイガラムシは白いネバネバを残しながらあちこち移動するんだとか。

ギャーーー!!penguinpaniclg.gif

駆除方法を検索しました。

まず、コナカイガラムシは非常に伝染力が強いので、他の観葉植物から隔離すること!というのを読んで、被害にあっている2鉢を他の植物から引き離しました。

観葉植物に白い綿のような虫が発生した時の対処法!【コナカイガラムシ】

また、カイガラムシは体が分泌物で覆われているため、殺虫剤が極めて効きにくいのだそうです。
それでも比較的効果のある殺虫剤がいくつか紹介されておりましたが、屋内で(しかもキッチンで)育てているポトスなので、できるだけ薬品は使いたくありません。

英語で検索したところ、

被害のひどいところは切り取り、そのほかは綿棒にエタノールをつけて、白いネバネバを拭き取る

とありました。

それで行こうと思います。

pothos1705.jpg

まず、被害のひどい葉は切り取って捨てました。

その後、アルコールを浸した綿棒で、白いネバネバや虫そのものを拭き取りました。

よく見ると、葉の付け根や茎の枝分かれしている部分に隠れるように白いのが挟まってます。
pothos1707.jpg
できるだけ綿棒で拭き取りますが、綿棒も入らないような細い付け根は、仕方ないので切って捨てます。

これがワタクシの日課になりました。

そうやって10日ほど経って、1鉢はかなり葉を失ったものの、生還。
pothos1708.jpg
ただ、しつこい虫だそうなんで、土の中に卵が残ってたりしたらまた戻ってくることがあるそうで、注意して様子を見てます。
卵は基本このネバネバの中にあるらしいですが、死骸から幼虫が出てくることもあるそうなんです。
(植物に寄生するカイガラムシは基本全部メスだそうで、オスの成虫は羽根が生えて飛んでいくそうです)

もう1鉢は、葉や茎をほとんど切り取る結果になったうえ、根っこのほうにまで白いネバネバが広がっていたのであきらめて捨てました。

そんなワケで、4鉢あったポトスのうち、現在3鉢が元気に育っております。

ちなみに、ポトスは英語でDevil's Ivy(悪魔の蔦)と呼ばれております。

殺すのがほぼ不可能

という理由なんだそうです。

殺したけどね、ワタシ・・・

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

あ、ポトスとともにこんな観葉植物もダンナのオフィスから貰って来たんですが、
pothos.jpg
名前が解らん・・・

誰かおせーて。

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ひえぇ~~~~虫だったんかい!!
ポトスって放って置いても驚くほど増えるよね。
うちは動物が多いので観葉植物だけじゃなく、花瓶も置いてない。

  • 投稿者: ree
  • 2017/09/19(火) 11:57:20
  • [編集]

ミカンにくっ付いてるゴマは何かの種だと思ってたけど虫だったんかーーーい!!! 騙されてたわ…。
そんでこのフワフワも「可愛い♡」と思ったら虫かーーーい!!! また騙されるところだったわ…。虫ってコワイ。

  • 投稿者: Q
  • 2017/09/19(火) 14:35:43
  • [編集]

ネバネバはヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァアアアア~!
銀色っぽい薄っぺらいのんかしら。見た事ある。
ミントもガーデンテロだけどカクタスもかなりのもんだったわ。
まぁアタクシにかかったらみんな枯らすけど(´・ω・)(・ω・`)ネー
なのに裏庭にミニ家庭菜園作った(笑)

  • 投稿者: ふぢ
  • 2017/09/19(火) 16:51:48
  • [編集]

アルコールを霧吹きで吹いたら細かい所も届くんじゃなかろーかと。
最後の葉っぱ巨大化したツゲ?、わからんわからん。
人類、ほ乳類が滅亡しても昆虫類は残るらしいから、そら強いでしょう。
昆虫バンザイ!・・・あ、痒くなって来た・・・かゆかゆ

  • 投稿者: kind1959
  • 2017/09/19(火) 18:54:52
  • [編集]

ひょえーーー
文章だけに焦点あわせて読み、写真はうす目でピントぼかしてスルーしました…(最近かすみ目酷いので好都合w)
そうそう、植物を育てられないわたくし、理由のひとつがやっぱ虫がくるから、なんですよね…

  • 投稿者: ふうりん
  • 2017/09/19(火) 21:51:18
  • [編集]

お~タダプランツとは羨ましい
ポトスちゃんは結構お世話が楽だしね
でもそんな虫がつくのかぁ~~~

で思い出す我が家のマンデビラちゃん
アブラムシちっくなのがたくさんついてるのを
ちょっと見て見ぬふりしてきたので
重いケツを上げてお世話してあげようかな・・・
(と今のところは思うだけ)

  • 投稿者: Snugglebutt
  • 2017/09/20(水) 11:55:25
  • [編集]

reeさん、

そうか、動物が多いと植物もおけないのか・・・
ウチはペットいない代わりに室内は観葉植物がたくさん。

  • 投稿者: 怪人
  • 2017/09/20(水) 14:29:17
  • [編集]

Qちゃん、

みかんのゴマをなんかの種だと思ってた?ワタシはまんまゴマだと思ってたよ!
フワフワ可愛い?ワタクシは遠慮しときます。

  • 投稿者: 怪人
  • 2017/09/20(水) 14:30:26
  • [編集]

ふぢさん、

祝・裏庭菜園!!はまるわよ奥様。ワタシもどんな植物も枯らしてきたのに、最近みんな生き延びるようになってきたので嬉しいです。

  • 投稿者: 怪人
  • 2017/09/20(水) 14:31:57
  • [編集]

kindoさん、

霧吹きでってのも考えたんだけどね、エタノールが与える影響を考えると、やっぱピンポイントで狙ったほうが植物へのダメージが少ないかと思いまして。
コチラの方は日本酒でカイガラムシを退治しようとして、植物のほうを退治してしまったようです。
http://gokiburi.dandyism.biz/?p=2526

  • 投稿者: 怪人
  • 2017/09/20(水) 14:35:59
  • [編集]

ふうりんさん、

そうか、虫がダメなら植物はダメよね~
でもワタシ、観葉植物を虫にやられたっての初めて。
いつもは虫がつく前に自分がコロス・・・

  • 投稿者: 怪人
  • 2017/09/20(水) 14:37:51
  • [編集]

Snugglebuttさん、

マンデビラって聞いたことなかった。
アブラムシなら、テントウムシが天敵だから、テントウムシを誘導してあげるといいよ~(ってどうやって・・・?)
ちなみに実家ではゴキブリのことを「アブラムシ」と呼びます。これって方言なんかなあ?

  • 投稿者: 怪人
  • 2017/09/20(水) 14:45:13
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する