FC2ブログ

人と違っても、えーやんか。

自閉症ジョーイと変な奴ジャックとのミネソタ怪人日記。

2020-08

紆余曲折アレルギー

ある読者の方から、アレルギー食に関するご質問を頂きました。

「怪人さんの対アレルギー生活について是非教えてください。」

来た来た~!penguinflame.gif

いつかは来ると思っていた、このご質問!

そう、我が家の自閉症児ジョーイはアレルギーてんこ盛り。

生まれてからずっと母乳100%で育てていたが、生後6ヶ月で初めて、牛乳ベースのミルクを与えた。途端に口元が赤くなり、唇が腫れだし、そして顔まで腫れだしてあわてて緊急治療室へ。後日、血液検査の結果「牛乳アレルギー」と診断された。

その後、ずっと牛乳・乳製品を除いた食事をしていたが、4歳半で、小麦を含む25種類の食品過敏症が発覚する。

そんなわけで、怪人は、ジョーイのアレルギー食を巡って、日進月歩、試行錯誤、紆余曲折の日々を送ってきたのです。


そんな怪人にこの質問。
涙ナシには語れない!‘勃‚«
読むほうも、涙ナシには読めないかもよ。
だって・・・・
長いですから。—Ž‚¿ž‚Ý



さて、アレルギー食を説明するにあたって、まずはアレルギーのメカニズムを知って欲しいと思います。ちょっとウンチくさく・・・じゃない、ウンチクくさくなりますが。興味のない方はスルーしてください。

所謂アレルギーというのは色々な種類があって、ワタシ自身も素人アタマでどこまで理解できているのかも怪しいし、人様に詳しく説明などとても出来たもんではないんですが・・・。

ワタシなりの解釈は以下の通り。(もしもっと詳しくご存知の方がいらっしゃったら、どうぞ訂正・補足してください。)



アレルギー検査とは、ご存知の通り、血液中の抗体の有無を調べるもの。
だが、この抗体にも、IgA, IgD, IgG, IgE, IgMなど、さまざまな種類があるのだ。
このうち、一般にアレルギー検査として調べられるのはIgEという抗体。

IgE抗体は喘息や花粉症などを引き起こす、即時反応型のもの。ジョーイのように乳製品を食べたらすぐに顔が腫れだすというような反応はIgE抗体によるものだ。

これに対し、IgG抗体は、アレルゲンが体の中をゆっくり循環していく過程で引き起こされる遅延反応型のもので、反応は数時間から数日たたないと起こらない。そしてその症状も、便秘だったり軽い頭痛だったり胸焼けだったり、必ずしも自覚されるほどのものではなかったりする。


混乱をさけるため、この記事に限っては、ワタシはコレを「食品過敏症」と呼んで、前述の「アレルギー」とは明確に区別したいと思う。(普段は全部ひっくるめて「アレルギー」って言ってますけど。)


IgEとIgGの違いについて、ワタシが見つけられる限りで一番解りやすく説明しているのがコチラのサイト。
また、「食品過敏症」について詳細を記したものはコチラ
参考までに。


さて巷で言われる「アレルギー検査」はIgE抗体の有無をを調べるもの。
ジョーイが6ヶ月のときに受けた検査もIgE検査だった。
ちなみにこのときは、牛乳にアレルギーあり、だが小麦・卵・ピーナッツ・魚貝類へのアレルギーはナシと出た。

ホンネ「めんどくせ~」P Pと思いつつも、牛乳・乳製品を除去した食事にも慣れてきた頃。

2歳2ヶ月でジョーイは自閉症と診断された。penguindepressed.gif

とにかく自閉症に関する情報が欲しくて本やネットの記事を読み漁っていたこの頃、小麦・乳製品を除いた食事(GFCFダイエットといいます)で自閉症の症状が改善したという話に出くわした。

最初は「はあ?自閉症っていうのは脳機能障害でしょ。小麦や乳製品を食べさせたからって何の関係があるの?」Î‚¤と、ワタシはこの情報をアタマの隅の「がせネタ」用のゴミ箱に投げ入れた。

ワタシの中で、ジョーイの乳製品アレルギーと自閉症は相互に関係ないものであり、同時進行ではあってもお互いに交差することのない平行線だったのだ。

しかし、90%以上の自閉症児が何らかのアレルギーを持っているという統計を見たり、サポートグループで出会ったママ友が「うちの子もGFCFダイエットよ。小麦を食べさせると注意力が落ちて大変」というのを聞いたりするうちに、これは何かワタシの知らないことがある!と確信し、「がせネタ」のゴミ箱をひっくり返してこのことについてもうすこし掘り下げてみることにした。

コレに関してもいろいろな情報があって、ややこしくて説明しづらいんだけど・・・

要するにこういうことである。

自閉症は、一種の免疫不全の表れである。penguinyeah.gif

ここで念頭においておきたいことは、
体の免疫システムの70%は、消化器系にある
ということ。

(1)まず、遺伝であるか環境要因であるかは不明だが、普通の人に比べて免疫に何らかの問題がある子が生まれる。

(2)コドモがまだ小さくて、免疫システムも完全でないところに、多数の予防接種のワクチンを投入する。アメリカでは1980年代には生後2年間で受ける10種類だった予防接種が、現在は35種類まで増えている。免疫システムは混乱し、異物に対して抗体を作るのに必死になる。

(3)さらに、1~2歳というと、母親から受け継いだ免疫は切れるし、それでなくても周りの環境から色んな雑菌や病原菌がうようよ入ってくるころだ。熱が出た、喉が腫れた、中耳炎になったと言っては医者から抗生物質を投与され、服用の結果、病原菌と一緒に善玉菌も死滅する

(4)そうすると、健康な腸の中では善玉菌とバランスよく共存していた真菌(イースト)が爆発的に増え始め、腸壁をぼろぼろにしてしまう。(抗生物質は真菌には効かない。)真菌は、増えすぎると腸壁に穴を開けるのだ。この状態を「リーキーガット・シンドローム(Leaky Gut Syndrome、腸管浸漏症候群、LGS)」という。

リーキーガット・シンドロームについては、こちらのサイトを参考にしてください。

(5)健康な腸からは、たんぱく質はアミノ酸のレベルにまで分解されないと吸収されないが、傷ついた腸壁からは、本来なら吸収されるはずのないペプチドが、血液中に吸収されてしまう。(たんぱく質とは、要するにアミノ酸が鎖のように長く繋がったもの。体の中にはコレを分解する酵素があり、たんぱく質の長い鎖がところどころ分解されて短い鎖となったものがペプチド。完璧にばらばらになったのがアミノ酸である。)

(6)血液中にはないはずのペプチドを異物と見なして、免疫システムが抗体を作ってしまう。


特に、小麦のたんぱく質、グルテンと牛乳のたんぱく質、カゼインは、アミノ酸に分解される一歩手前のペプチドのまま血液中に取り込まれると、脳に至って麻薬のような作用を及ぼすことが証明されている。グルテンとカゼインのペプチドの構造はモルヒネのそれとよく似ており、それぞれ「gluteomorphin(グルテオモルフィン)」、「casomorphin(カゾモルフィン)」という名前までついている。ある研究では、90%の自閉症児の血液から、これらのペプチドが発見されたとか。


このペプチドに対する抗体が、IgGであり、普通の所謂アレルギーテスト(つまりIgEテスト)では判明しない。ELISAと呼ばれる特別なテスト(日本語では「広範囲食物アレルギーテスト」と呼ばれているようです)などで検査しなければならない。その辺の病院ではやっておらず、免疫の専門の研究所に血を送って調べてもらう。無論保険も効かない。


ジョーイも、10ヶ月から16ヶ月までの半年間、中耳炎を連発して、各種の抗生物質を投与した。1週間投与して、治ったと思ったらまた1週間後に中耳炎。それをくりかえし、16ヶ月で鼓膜にチューブを挿入するまでほぼ毎週医者に通っていた。その過程で、ジョーイの消化器系で真菌が爆発的に増え、リーキーガット・シンドロームを引き起こしたという想像は容易につく。

ジョーイもIgG検査をしてもらおうと思ったが、フツーの医者ではやってくれない。

DAN!Defeat Autism Now!)という称号(?というか、資格?)を持つ専門のドクターにかからなければ。

(アメリカにお住まいの方は、こちらで最寄のDAN!ドクターを探せます。)


さて、とりあえずDAN!ドクターを見つけて、ジョーイも、4歳半の時このELISAテストを行った。

日本からは、グレートプレインズ研究所というところから注文できるようです。他にもIgGテストをやっているところがあるかもしれません。


IgGテストの結果、小麦・乳製品をはじめとするなんと25項目の食品過敏症が判明。

25種類!?
kaijinmasshiro.jpg

アゴが膝まで落ちる怪人。

ムリ。

ムリ。

ムリ!
penguinpaniclg.gif

食べたからといって、かならずしも湿疹やかゆみなどの目に見える症状が出るとは限らないけど、ここまでアレルギーやら食物過敏症やらリーキーガット・シンドロームやらのことを学んで、大枚はたいて血液検査して、この結果を無視するわけにはいかんでしょう。

乳製品を除去するだけでも「めんどくせー」と思っていた怪人、無謀とも思われるジョーイの特別食に乗り出すことになった。

つづいちゃう。

長くてゴメンね。(だから最初にゆーたやん。)
ウンチくさくって ウンチクくさくってごめんね。
ココまで読んだんだから、ポチッてしてね。ごめんね。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
スポンサーサイト



テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

アレルギー…勉強になるよ!しかし、ややこしいな…(ーー;)
いまの所、さしたるアレルギーもないんだけど、実はチョコレートを食べると「IgG」な感じ…
頭痛、胸焼け、吐き気。もちろん量や体調によって症状は様々。
だから、あんまりチョコレートを食べないのだ。。。
(板チョコ、チョコケーキ、ココアなど…でもチョコチップは結構スキe-266 胸焼けするけど、味のアクセントになるから♪)

そうか!長年の謎が解けましたよ!カカオに敏感なんだ!!!
明日の記事も期待してまっせ~ d(≧▽≦*)

さすが怪人さん

詳しい解説~!分かりやすいです。

こちらでLGSダイエットやってた知り合いが何人もいます。
CFGFも有名ですよね・・・。
最初この話を聞いたときは、私も「ただのガセネタ」として処理してました(^^;)
でも、皆「効果あった!」って言うんですよねえ。

うちはまだテストしてないのですが、そのうち調べてみて、
結果によっては食事を改善しないといけないかも。
うちの子、牛乳もパンも麺も大好きなんだけど・・・。

今のところ、息子には添加物を排除した食事を与えるようにしてます。
アレルギー食、大変ですよね。記事の続きも楽しみにしてます!

はじめまして

ミクシィのゆこみちの友達です。二女の母。最近会社をやめて、専業主婦になりました。いつも怪人のブログ楽しく読ませてもらっております。

ただでさえ食事を作るのが面倒なのに
除去食を私は作れるかなあ。
怪人さん、偉いなあ。

パン、うどん、スパゲティ、クッキー
うちも毎日小麦製品ばかり食べている気がして
ちょっと心配だわ。

わしも生後1年で肺炎、その直後中耳炎で長い事各種抗生剤投与されたんが、きっかけかねえ、、って言われたわい。そんなもん、どうしようもなかろうよ。
 つづき楽しみ♪

 今までのもまとめて出版したらどうやろう?

怪人さん、
いつもBLOG興味深く読ませていただいています。わたしも4歳の甥っ子が自閉症児です。。なので、自閉症のことはいろいろ興味をもって読んだり、きいたりしてます。。 今回食事のことをあげられていて、怪人さんにおききしようとおもいました。。先日JENNY MCCARTHYの本をよんでそのご、彼女のインタビューをみたのですが、彼女の息子は食事制限とイースト菌DETOXで、自閉症がなおったというのです。。 そうです、改善というのではなく、完全に彼女の息子はもう自閉症ではないというのです。。。 それってほんと??? ちなみにわたしはアメリカ人と結婚して、2歳半の息子がいます。。

続きわたしも楽しみにしています。。

す・ご・く!!

よくわかります!!!
ありがとうございます。勉強になります。

アレルギーとはちょっと違うかもですが、うちの旦那がソケイヘルニア(つまり脱腸)を5年間放置していて、やっとこの12月に日本で手術の予定です。
もともとげっぷがすごくって、普段からあれを食べたから胃が痛いとかこれを食べたから熱っぽいとかうるさいんですが、ここのところものすごく体調が悪くほぼ毎晩寝汗でぐっしょり、このところ食べるものにもかなり気を使っているのに夜中に吐いたり・・・。
ヘルニアのせいで腸がやられて来てるんじゃないかと思ってたんですが・・・。
腸って大事だってことが改めて良くわかりました。

続きも楽しみにしていますね!

はじめまして

はじめまして。我が家には四歳のアスペ様子見中の息子がおります。

今回の記事、興味深く拝見しました。
両親ともアレルギーがなく、本人もなさそうな気もしていたので検査もしてません。
でもあるかもしれませんね~~(@_@;)
しょっちゅう鼻たれてるし。乳製品と小麦製品大好きだし。
25種類はすごいですね(泣)成長とともに良くなるとよいですね!またきます!

うちはムリ

うちの娘が、アトピーでね…。
アトピーって、自律神経の狂いからくるらしいから、
脳の機能障害である自閉症は、自律神経の調子が悪くてもおかしくないと思ってました。

自閉症に小麦粉除去…ほんとうに治るのかな??
でもやっぱりうちは、そこまで除去食に徹底できないわあ。

怪人さん、こんばんは。いやいやおつかれさま。アレルギーって大変ですよね~いろいろ勉強になりました。私は「そば」と「ハウスダスト」にアレルギーがあります。そばは食わなければいいし、ダストは掃除をすればなんとかなる。だけど25種類だったら、いろんな製品に含まれているし、さぞかし苦労をされていることでしょう。アレルギーが一発でなくなる薬があればいいですね!

にばんめ。

現代人は、皆知らないだけで、ゼッタイなんらかの食品過敏症があるっていうから。
そうか、にばんめ。のはカカオなのね。
じゃ、チョコは怪人が全部食べてあげるよ。ひひひ。

くまこさん、

添加物を除去した食事はかなりの効果があると聞いています。
ジョーイはもともと添加物最小限にしてるんだけど、ジャックはジャンクフード大好きで、着色料が入ったお菓子とか食べると、飛び跳ね回って大変。
食べ物って、ホント、脳に影響するんですよねえ・・・。

尚子さん、

あらあ、ゆこみちさんのお友達!日本の方ですか?
最近ゆこみちさんと会ってないんだけど、MIXIで見る限り元気そうですよね。
コメントありがとうです!
また来て下さい!

あーもんさん、

普通の日常生活に小麦は欠かせないよね。
ワタシもパン、うどん、クラッカー等など、小麦ばかりの食生活。
特別食はジョーイだけ。
そのジョーイも時々小麦食べてるしねえ・・・。
だって、100%小麦抜きの食事って、ほぼ不可能なのよね。

十兵衛さん、

ワタシも小さい頃から中耳炎連発で、物心ついたころには抗生物質漬けやったねえ。
そのせいか、今でも胃腸が弱いんよ。
でも、プロバイオ飲みだしてからは、体調よくなったよ。
Pearlっていうプロバイオ。お勧めよ。

Rieさん、

いらっしゃいませ~!コメありがとうございます。
アメリカ在住ですか?
Jenny McCarthyは私たち自閉症児の親にとってはカリスマ的存在です。
彼女の息子さん、Evan君は、確かに自閉症だったのが今は健常児と見分けがつかないくらいまでに「回復」したそうですね。
そのうち記事にしたいと思ってますので、お楽しみに。
(ま、気長に待っててくださいな。)

Bあやさん、

脱腸を5年間放置・・・。それって、ある意味ギネスものじゃ・・・。
腸ねん転とか腸癒着とかして死ななくてよかったねえ。
腸って本当に大切なんですよ。
心臓や肝臓や腎臓は移植できても、小腸移植の成功例はいまだないそうです。
ダンナさま、早く手術してよくなりますように。

秋の小鳥さん、

現代人は、本人が知らなくても何らかの食品過敏があるそうですよ。
血液検査しなくてもいいから、乳製品・小麦をやめてみて、行動に何か変化があるかどうか見てみるのもひとつの手です。最初症状が悪化(注意力散漫、不機嫌、多動になったりする)するようなら、それはこれらの食べ物が影響している証拠で、症状が悪化するのは禁断症状の現れです。特別食にしてしばらくすると、よくなりますよ。
ま、言うは易しなんですが・・・。

SILVERさん、

アトピーも、自律神経失調症であるとともに、免疫不全の一種だよね。
卵とか食べると悪化したりするでしょ?
やっぱ腸から治していくと、改善するんじゃないかと思います。

ムラムラ55さん、

ハウスダストですか!
ワタシも反応します。
布団や枕に掃除機かけるといいですよ。

始めまして

いつも拝見させて頂いてます☆
スゴイわかりやすい説明ですね☆
昔の記事に、コメントすみません(^^;
家も、先日、アレルギー検査をして、CFGF始めました☆
家は、同時に、毛髪と便検査も申し込んだんですが、怪人さん家でもしましたか?
キレートもされてるんですか?
初コメで、質問ばかりですみません(^^;

シィさん、

便検査はイースト(真菌)の検査のために一度やりました。わが子のンコとはいえ、こねてサンプルをとるのはキツかった・・・。

毛髪検査はしませんでした。

キレートは、DMPSを試したけど体に負担がかかって体調を崩しまくるのでやめました。現在はフットバスで解毒してます。

お返事有り難うございます(^^)
確かに、愛しい我が子のとは言え、あの検査はキツイですね(^^;
キレート、体調崩されたんですね(><)
なかなか難しいみたいですもんね。
また、ブログ読ませてもらいま~す☆
有り難うございました(^^)

LGS撲滅運動

はじめまして。医療探偵をしているアスクレピオスです。
現在LGS(リーキーガット症候群)の調査をしています。

ご存知だとは思いますが、LGSは日本ではほとんど知られていません。
そこでもし差し支えなければLGSの情報を広めるために、
こちらのホームページと相互リンクを貼って頂けないでしょうか?

私自身LGS患者なので、闘病仲間ができると心強いです。
よろしくお願いします。

希望リンク名:
リーキーガット症候群 - 医療探偵アスクレピオス
または、LGS - 医療探偵アスクレピオス
または、リーキーガット症候群
または、医療探偵アスクレピオス

貴ブログへ希望するこちらへのリンク先:
http://dd-asklepios.info/r-icd/LGS/

貴ブログへのリンクが貼ってあるページ:
http://dd-asklepios.info/r-icd/LGS/symptom/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ok2bdifferent.blog98.fc2.com/tb.php/300-b260b615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

30日で花粉症・鼻炎・結膜炎を治す!!アレルギー体質の抜本的改善法

30日で花粉症・鼻炎・結膜炎を治す!!アレルギー体質の抜本的改善法全額返金保証付これは小手先だけの花粉症対策を毎年繰り返している、あなたへ向けて書いた手紙です。ほんの少し習慣を変えるだけで、 花粉症・鼻炎・結膜炎と永遠にサヨナラできる方法ただ症状を抑える

 | HOME | 

 

プロフィール

おうし座の怪人

Author:おうし座の怪人
生息場所:合衆国ミネソタ州
家族:怪人(笑われると快感な変態吉本気質)、
ダンナ(マレーシア出身中国系アメリカ人)、
長男ジョーイ(18歳、まったり系自閉症)、
次男ジャック(触ればはじける16歳)。
写真の転載は予め下のメールフォームでお問い合わせください。許可のない転載は禁止させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ランキング♪

1日1ポチ、たのんます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

摂氏/華氏 温度変換器