人と違っても、えーやんか。

自閉症ジョーイと変な奴ジャックとのミネソタ怪人日記。

2017-08

魚との奮闘(その2)

昨日の記事の続きです。

湖でとれた魚を家に持って帰って、晩御飯の材料にすることにしました。

この日獲れたのはサンフィッシュ(Sun Fish)と呼ばれる淡水魚。
(マンボウ=Sunfishとは別物です。)

サンフィッシュにも色々な種類がありまして、

これがブルーギル。
fishfilleting02.jpg
この辺の湖でもっとも良く獲れるサンフィッシュです。

で、こちらがパンプキンシード。
fishfilleting01.jpg
オレンジの粒々模様がかぼちゃの種みたいだから。

さて、怪人海辺で育ったにも関わらず、魚を捌いたことがありません。
それはザ・釣り師の怪人父がやってました。
学んどけばよかったよ、おとーちゃん。

捌き方も知らないので、ようつべで学習。
色々見たけど、アメリカの魚の捌き方は、内臓やウロコをとらないんですね。
アラでお吸い物とか作らないだからだろうなあ。
そちらのほうが簡単つーか初心者向きだなと思ったので、コチラ(英語)の動画をまねしてやってみました。

まずは頭の後ろに切れ目を入れます。
fishfilleting03.jpg
切り落とさずに、半分まで。切り落とすと血がどばぁ~っと出るんよ。

そうそう、ウチ魚切りようのいい包丁がなくて、イケアの包丁でやったんですが、イマイチ切れ味がよくなくて苦労しました。
魚捌くのって、腕前もさることながら包丁の質がカナリ影響するなと思いました。

背中から切れ目を入れます。
fishfilleting04.jpg
切れ目が入ったら、頭側から包丁の先っちょを入れて、背骨まで切れ目を入れ、尾ひれに向かって切っていきます。
あばら骨がなくなったら包丁を腹側まで貫通させてOK。

その後また包丁の先っちょをつかって、あばら骨を傷つけないように慎重にはがしていきます。
fishfilleting11.jpg

反対側も同じようにやって・・・
fishfilleting05.jpg
3枚におろせました。

(この時点でもう汗だく。)

おお、光が透ける!
fishfilleting06.jpg
このやり方だと、内臓も大きな血管も傷がつかないので、血がどばあ~っと出ないんです。

最後に皮をこそぎとって、終了。
fishfilleting07.jpg

これを、大小あわせて15尾くらいやったんですが、片手にこんもり程度の肉と、
その3倍くらいのゴミが出ました。
fishfilleting08.jpg

廃棄率高っ。

まあ魚って体の3割が頭だからねえ・・・
それにヒレ、内臓、骨なんかを加えると、食べられる部分は本当に少ないのね。

衣をつけてカラッと揚げて、
fishfilleting09.jpg
晩御飯のおかずになりました。

ジャック、それアンタが今朝釣り上げたやつよ。
fishfilleting10.jpg
じー・・・・
何を思って見つめるのか。

淡水魚特有の臭みもなくて、結構おいしかったです。
ワタシが味見したのは一切れだけで、あとはジャックとジョーイでぺろりと平らげてしまいました。

「もっと~
といわれたけど、もうない。

仕方ないので市販の魚のフィレを解凍して同じようにフライにしました。

はっきりいってそっちのほうが格段に美味しかった。

と言うわけで、初めての魚捌きはまあまあの出来だったのですが、

もうやりません。

時間がかかる(2時間以上格闘してた)
ウロコが飛び散って汚れる
めっちゃ肩が凝る
その割にちょびっとしか食べられる部分がとれない


という欠点の上、

市販の魚(冷凍のフィレ)のほうがオイシイ

ってのが致命的です。

それでもひとつ新しい技術を身につけたような気がしてちょっと嬉しい怪人でした。

いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

コメント

すご〜い!三枚おろしなんてしたことないけど、結構面倒くさいのね(^◇^;) お疲れ様でした。
ボーイズがもりもり食べてくれたのは嬉しいね♡でも冷凍フィレのが美味しいとは…ガッカリだ〜!(T ^ T)鮮魚なのにぃ!

殺人アメーバがミネソタでも発見されたね!(◎_◎;)怖〜い!これからは鼻栓して泳ごうかな…

美味しそう!

アメリカ式 捌き方、なるほど勉強になりました! 美味しそうに揚がってますね〜
身より3倍のゴミ(笑) キッチンの臭いもなかなか頑固で 釣りに行った日には主婦は大変ですねσ(^_^;)
でも 食育、息子君達には良い体験!
FB えみ(-_^)

Qちゃん、

今更おとーちゃんを尊敬してしまいます。もやしの根っこをとったり、アスパラガスの袴をとったりする以上に面倒くさく、その割に収穫が少ない。魚を捌くのは魚屋さんに任せるわ。

そうそう、アメーバ。怖いよー

jemyさん、

捌いた魚のうちの一尾は、内臓を出してジャックに見せました。
心臓、腸以外はなんや解りませんでしたが・・・
ジャックは「なんだか罪の意識が・・・」とか言ってたけど、もりもり食べてましたよ(あはは)
翌日がゴミの日だったので臭くならずに済みましたが、そうじゃなかったらゴミの日まで冷凍庫に入れておいたと思います。そして出すのを忘れる、と・・・

捌くときは包丁はやっぱり日本の出刃が良いわね~♪
特にこんだけちっこいとやりにくかったでしょう。
却ってかつおの方がやり易いと思うよ。
頑張った怪人さんはエライ❤
お疲れ様でした(^^)

瀬津喩さん、

うん、小さくてやりにくかった(涙)
身が薄くて、からりと揚げたらせんべいみたいだった。
子供はパリパリ喜んで食べてたけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ok2bdifferent.blog98.fc2.com/tb.php/2921-8fd8bf5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

おうし座の怪人

Author:おうし座の怪人
生息場所:合衆国ミネソタ州
家族:怪人(笑われると快感な変態吉本気質)、
ダンナ(マレーシア出身中国系アメリカ人)、
長男ジョーイ(16歳、まったり系自閉症)、
次男ジャック(触ればはじける14歳)。
写真の転載は予め下のメールフォームでお問い合わせください。許可のない転載は禁止させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ランキング♪

1日1ポチ、たのんます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

摂氏/華氏 温度変換器