人と違っても、えーやんか。

自閉症ジョーイと変な奴ジャックとのミネソタ怪人日記。

2017-10

ミネソタ大学土木工学ビル(追記アリ)

本日2月18日水曜日。

けっちょんけっちょんに寒いです。
朝8時現在、気温はマイナス22度、しかも風があるので体感温度はマイナス35度。
今夜は更に冷え込みますが、明日から緩やかに回復するらしいです。

先週の話ですが、ジャックの科学のクラスが自作の橋を持ってミネソタ大学に行くので、ボランティアとして同行しました。

箱や袋を大事そうに抱えてスクールバスに乗り込む子供たちの中のジャックに、

アンタ今朝転んだでしょ。
橋大丈夫だった?


って聞いたら、

うん!
あの後もう一回転んだけど壊れなかったよ!


だって・・・

なんでそんな何度も転ぶねん!
kaijinturnstable.gif

(まあ寒くて下がつるつるの日だったんだけどね。)

さてミネソタ大学土木工学ビルに来ました。
bridge1505.jpg
え?これだけ?

いかにも土木工学の粋を集めたような、うおおおお~っっていうようなビルが待ってるんだと思ったんだけど・・・

ところが、これは普通の建築物とは違って、下に向かって掘り下げて作った地下7階建て(?)のビルなんだそうです。

大学の教授がこのビルのユニークさを説明してくれました。
bridge1507.jpg
教授、今日は高校生が来ると思ってたらしいです。
なので少し話が難しかった。

次は耐地震の研究をしている博士課程の学生さんが、地震対策建築のモデルを披露してくれました。
bridge1508.jpg
このX字になってるところが、柔軟に動くようになってて横揺れに強いデザインなんだって。

それから階段を降りて、地下3階の研究室へ。
bridge1509.jpg

Structural Engineering(構造工学)は土木工学の一派。
bridge1510.jpg

実際に作ってみることで理論通りに機能するのかを研究するのですな。
bridge1511.jpg

何か質問はありませんかという学生さんに、生徒でもないのに質問を浴びせてしまったワタクシ。

このデザインが横揺れに強いのは分かったけど、縦揺れの場合はどうするの?
ミネソタのように地震がない場所とカリフォルニアみたいに地震が良くある場所では耐震対策はどう違うの?
日本ではビルの上部と下部が揺れて真ん中辺りが揺れにくい構造になってる高層ビルがあるけど、そういうのは?


とか色々聞いたら学生さんたじたじになってた。ゴメン。悪いことした。

地下7階建てのこのビルは、地震とかで入り口ふさがれたらどうなるのって質問をしようとしたところで時間切れ。
まあミネソタ地震ないんですけどね。

更に階段を降りて、最下階の地下7階へ。
bridge1512.jpg
螺旋階段を見上げる・・・・
井戸の底みたい。貞子・・・

こちらは交通管理室みたいな場所。
bridge1513.jpg

渋滞・事故が頻発する場所にどういう工事をすればいいかを研究してるんだそうだ。
bridge1514.jpg

こういうのも開発してるらしいです。
bridge1515.jpg
360度撮影できるタイプの交差点カメラだそうです。

地下にそびえる(とは言わんか)土木工学ビルですが、暫くいると地下にいることを忘れてしまいます。
窓はないけど電気は煌々とついてるし。
電気代凄いんじゃない?って学生さんに聞いたけど、そこまでは知らんそうだ。
ただ、冬は暖かく夏は涼しいので、空調にかかるお金はかなり節約できるらしいです。

さて地下一階の講義室に戻って、橋の強度を試すメインイベントです!

戻るのはエレベーターだった。よかった・・・

いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

追記:今回University of Minnesotaをミネソタ州立大学と訳しておりましたが、日本語では「ミネソタ大学」で、ミネソタ州立大学というのはMinnesota State Universityという別大学だというご指摘を戴きまして、本文中と過去記事をできるだけ訂正いたしました。ご迷惑をおかけしました。
スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

コメント

ほぇー地下7階の建物?なんて初めて聞いた。すごいねシェルターみたい。空気は淀んだりしないの?エアフィルターがあるのかな?今まで地下のある家に住んだことがないからか、地下ってちょっと怖い気がする私です…
楽しそうな賢そうなイベントだね。
橋が無事でよかった!耐久性はどうだったか楽しみ♪

ひょえー地下7階?!窓がなくて息苦しそう…と思ったら、そうかなるほど冬暖かく夏涼しいのか…
ずっといたら天気やら時間やらの感覚がおかしくなりそうな^^;
専門の学生さんたじたじにさせる怪人さんさすがっすw
でもその、もし入り口埋まっちゃったら…の答えは気になるな。地震じゃないにしても、1階でもし何かあったら逃げ場はまったくなくなっちゃうのかしら…

昔勤めていた通信会社もふか~く掘られた複数フロアに通信回線が
ギッシリ詰まってた。
もちろん監視室もモニターも沢山あってあんぐりだったわ。
窓がないので多少の閉塞感が初めはあったけど意外と慣れるw
災害に強くするにはこうするしかないんだなぁって思ったわ。

それにしても学生をたじたじにしてしまう怪人さん!
さすが日本人よね♪(笑)
横揺れ縦揺れだけでなく回るようにも揺れるもんね~!
地質や構造によっても揺れ方が違うって、彼らはどのくらい知って
るのかな~。
イジリたくなってきた❤←意地悪じゃないっすよ

Qちゃん、

ワタシも空気が悪くなるんじゃないかとか思いましたが、空調とかちゃんとしてるらしく(そら土木工学の結晶だものな)、爽やかなものでした。ただ、冬なんか特に太陽を見ない学生さんたちが多くて、時間の感覚は鈍るそうです。

ふうりんさん、

でしょ?入り口をふさがれたら・・・気になるよねえ。
あと、空調設備が整ってるとはいえ、毒ガスとか発生したら窓開けて換気とかできないからどーなるの?って思ったわ。土木工学は化学とは違ってそんなガスは出ないか・・・?
ミネソタは確か下水道より下にトイレ作れないから、地下7階より更に深い部分に下水道があるのか?それとも土木工学を極めて、地下7階でトイレ流したら、上にある下水道までポンプかなんかで・・・?などと疑問が尽きないビルでございました。

瀬津喩さん、

そうそう、日本の高層ビルは・・・って言ったとき、「日本の耐震技術は世界最先端だから・・・」とたじたじに言い訳してた学生さん、ならばどうして日本へ行ってベンキョしないんだ?・・・とは言いませんでしたけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ok2bdifferent.blog98.fc2.com/tb.php/2763-4a41f332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

おうし座の怪人

Author:おうし座の怪人
生息場所:合衆国ミネソタ州
家族:怪人(笑われると快感な変態吉本気質)、
ダンナ(マレーシア出身中国系アメリカ人)、
長男ジョーイ(16歳、まったり系自閉症)、
次男ジャック(触ればはじける14歳)。
写真の転載は予め下のメールフォームでお問い合わせください。許可のない転載は禁止させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ランキング♪

1日1ポチ、たのんます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

摂氏/華氏 温度変換器