FC2ブログ

ラシュモア山へ

  • 2014/10/24(金) 09:00:00

デッドウッドのホテルをチェックアウトして、30分ほど南へ走ると・・・

見えてきました、大統領の方々が!
sd1414.jpg

ラシュモア山(Mt. Rushmore)は、ワシントン、ジェファソン、ルーズベルト、リンカーンの大統領の顔が彫られていることで世界的に有名な観光地です。

駐車場に車を停めて、プロムナードへ。
mr1401.jpg
合衆国の全部の州旗が掲げられています。

我らがミネソタの州旗は・・・
mr1415.jpg
風でこんがらがってました。

1858年、32番目の州として合衆国の一部になったのですな。
mr1414.jpg
つくづく若い国だな、アメリカは。

こちらは彫刻の総指揮をとった彫刻家ボーグラムの胸像。
mr1403.jpg

このプロムナードを通ると・・・
mr1402.jpg
(↑何気に気に入ってる一枚

見えました!目の前に4人の大統領が!!
mr1404.jpg
すんばらしい快晴の空に、白い花崗岩の彫刻が映えます。

リンカーンの鼻をほじほじしたいジャック。
mr1405.jpg
まあワタシがけしかけたんですが。

ここには彫刻が出来るまでを記録に納めた博物館があります。
mr1406.jpg
こんなブランコで吊り下げられて作業したのね。
mr1407.jpg
実際に使用されたブランコが展示されてました。
高所恐怖症の私には無理、絶対。

ボーグラムは山肌を掘り始める前に、比較的スケールの小さい「模型」を作っており、その縮尺を12倍にして山肌に彫刻を彫っていったんだとか。
mr1409.jpg

彫刻の大半は絶妙に計算されたダイナマイトで行われたそうで、それを疑似体験できる展示にジョーイがはまった。
mr1408.jpg
スイッチを押すと、目の前の画像で山肌がどーんと吹っ飛ぶの。

そりゃ花崗岩でできた硬い山を掘るんだから、ドリルなんかじゃ間に合わないだろうけど、豪快。

↓必見参考サイト。
その凄さを再認識「ラシュモア山」が出来るまで
2ページ目もお見逃しなく。

博物館を出て、遊歩道を少し歩きました。

途中こんな岩の洞に入れるようになっており・・・
mr1410.jpg

その洞の隙間からワシントンとリンカーンを見上げられました。
mr1411.jpg
ワシントンとリンカーンばかりが前面に出て、ジェファソンとルーズベルトが見えにくくて可哀相。

更にトレイルを進むと、ほぼ真下まで来られます。
mr1412.jpg
彫刻の下の瓦礫はダイナマイトで粉砕された岩なんだよなあ。
すでに木が生えてるけど。

角度的に人物を入れて写真を撮るのは難しいねとダンナと話しながら戻ってたら・・・
mr1413.jpg
そういう手があったか。

なんか一本取られた気分。悔しい。

ワタシ達はもとのプロムナードまで戻って、通りがかりの人に写真を撮ってもらったのですが、
mr1416.jpg
ワシントンが半切りにされた。
これじゃ瓦礫の前で写真を撮ってるカンジじゃないか。

まあ「寝転んで撮ってください」とは言えんもんな・・・

途中のベンチで一休みするセクシージャック。
mr1417.jpg
疲れたそうです。

帰りがけにカフェでアイスクリームを買ってあげました。
mr1418.jpg

このカフェの照明にやられた。
mr1419.jpg
ツルハシを手に持ってブランコに乗った工夫が!!

こういう芸の細かさ、大好きです。
自己主張せずひっそりやってるのがもうくぅ~ってなる。

ラシュモア山で3時間ほど費やしました。

帰り際、ジョーイが

「大統領さんたち、バイバ~イ」

と山に向かって手を振ってました。

駐車場の出口近くに、野生の山羊がいました。
mr1420.jpg
首輪してるけど飼ってるわけじゃなくて、保護団体が調査目的でマークしてるだけらしいです。

帰り道、ワシントンの横顔が見えました。
mr1421.jpg

スケールに圧倒されたラシュモア山でした。

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんな近くまで行けるのね。
本当、こんな場所に彫るってのがすごい。
へぇヤギさんって野生でいるのね~。

  • 投稿者: ree
  • 2014/10/24(金) 11:12:51
  • [編集]

いいねぇ有名なラシュモア山!私もいつか行ってみたいよー!巨大な顔は迫力満点だろうな。ブランコと爆弾で作られたなんてビックリだわ〜。でもってサイトの4尻に吹いた(笑)

  • 投稿者: Q
  • 2014/10/24(金) 14:39:18
  • [編集]

おおー!
大統領のこれ、サウスダコタだったのか!ラシュモア山て聞いたことあるなーと思ってたけど、そーかー!
近くでみたらすごそうだホント。
是非怪人さん、寝っ転がって撮って欲しかった( ̄▽ ̄)あ、義母さんいるからアレか(^◇^;)

  • 投稿者: ふうりん
  • 2014/10/24(金) 16:47:00
  • [編集]

胸像じゃなく本来は腰まであるデザインだったんだぁ\(◎o◎)/!
初めて知った!
それより4ケツ!!ぶふっ☆
良いリンク先をありがとう、怪人さん♪

カフェの照明、私もこういう洒落っ気たっぷりの大好き❤

  • 投稿者: 瀬津喩
  • 2014/10/24(金) 17:35:06
  • [編集]

reeさん、

年月が経っても風化しないように、あえて硬い花崗岩に掘ったらしいですよ。人類が滅びた後も大統領が残るのかな・・・
野生のヤギさんって近づきすぎると頭突きしてくるらしいから、ギリギリまで近づいて撮りました。15mくらいだったかな。

  • 投稿者: 怪人
  • 2014/10/25(土) 09:07:12
  • [編集]

Qちゃん、

ね~このブランコはありえないわ~~
腰ベルトはあるけどそれ以外に命綱が見えないし、肝試しか!ってツッコミたいわ~

  • 投稿者: 怪人
  • 2014/10/25(土) 09:19:27
  • [編集]

ふうりんさん、

そうね、義母の前では正常な嫁キャンペーン実施してるから、寝転がるのはねえ。
そうなの、これお隣のサウスダコタ州なんで、ずっと行きたかったんですよ。でもほぼ反対側のワイオミングとの州境なんで、サウスダコタ横断するので8時間かかるんだけどね・・・。それをダンナが調べもせずに「2~3時間くらい」って義母に言って、あとで「どーこーがー!!」って怒られてました。

  • 投稿者: 怪人
  • 2014/10/25(土) 09:23:37
  • [編集]

瀬津喩さん、

そうなの、この照明の細工はワタシが指差して皆に知らせるまでだ~れも気づいてなくて、それが更に哀愁を呼びましたよ・・・。このデザイン担当した人、頑張ったのにあんまり気づいてもらえなくて可哀相。でもワタシは気づいたよ!感動したよ!と教えてあげたい。

  • 投稿者: 怪人
  • 2014/10/25(土) 09:25:45
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する