FC2ブログ

祝・受賞!

  • 2008/01/27(日) 12:40:31

実は怪人、去年一年、自閉症の非営利団体のためにボランティアで募金活動を行いました。

アメリカには、AutismSpeaksƒ}ƒEƒXi¶ƒNƒŠƒbƒNjという非営利団体があります。全国で募金活動を推進し、集まったお金を自閉症の解明・治療のための研究をしている医療機関に寄付したり、社会の人々に自閉症に対する理解を深めてもらうためのプロジェクトを推進したりしています。

walknow.jpg


そのAutismSpeaksが、去年ミネソタに支部を発足させ、募金活動を行ったのです。

そこで怪人、同じく自閉症の子供をもつ親達とチーム"Team Hope"ƒ}ƒEƒXi¶ƒNƒŠƒbƒNjを結成して、募金活動に取り組みました。はじめはほんの数人で始まったチームは、年末までに100人近いメンバーを集め、ガレージセールやジュエリーのカタログセールなどを通して、なんと$12,715(日本円で約140万円)を集め、この団体に寄付したのです。

ちなみにミネソタ全体で、約25万ドル(約2,800万円)が集まったそうだ。

そして、昨日(1月26日)、ミネソタ支部の表彰式に招待され、久々にベビーシッターを雇ってだんなと二人で出席してきました。

怪人、ミネソタ支部でもっとも多くの寄付を集めたチームのキャプテンとして表彰されました。jumee™shy1

チームを代表して名前を呼ばれ、壇上でこのプラークを貰ったときは、アドレナリン・ハイになってました。一緒に募金活動をしてくれたチームメイトに感謝しつつ、胸を張って受け取りました。

teamhope2.jpg

ダンナと。1年間、ボランティアに走り回る私を、ナマ暖かい目で見守ってくれてありがとう。

teamhope1.jpg

チームメイト(のほんの一部)と。皆満面の笑み!jumee™peace1

この活動を通して、いろんな人たちと出会いました。会ったこともない人たちから、優しい励ましの言葉をいただくたび、「この世も捨てたもんじゃない」と、いつもの景色が少~しまぶしく見えました。

また、以前からの友人とは、「戦友」という言葉がふさわしいほど絆を深めました。みんなみんな、底なしに素晴らしい人たちばかりです。

自閉症を、親のしつけが悪いからだと思っている人たち!jumee™mad2
下衆な偏見は捨ててください。

現在アメリカでは、150人に一人、男の子では94人に一人が自閉症であるとされています。

この子達が大きくなったとき、どんな仕事ができるんだろう。
私達がいなくなったとき、どうやって生活していくんだろう。
社会は彼らを受け入れてくれるのだろうか。
心無い人たちに騙されたりしないだろうか。
自閉症患者がいて当たり前の社会になっているだろうか。
この子達の将来のために、今、私達は何をしなければいけないのか・・・。
jumee™think1

自閉症児の親達は、毎日こんな強迫観念にかられながら、必死に子育てをしているのです。

私達が集めて寄付したお金が、少しでもこの子達の将来に役立てばいい。
少しでも幸せの後押しができればいい。

ジョーイの笑顔を見るたびに思う。
この笑顔が曇らない世の中に出来るなら、母は今年も東奔西走します。
ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢

そんなわけで。
今年も引き続き募金活動しまっす!
よろしく~

‹‚³‚ñ

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
ランキング始めました。「ぽちっ」とお願いします。

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

おめでとう~!

v-278栄誉ある賞だ!
みんなで一つの事をやり遂げるのって素晴らしいv-352
もちろん、先は見えないほど長いかもしれないけど、きっと皆の力で辿りつけると思うよ!

親御さんは、皆、わが子の未来を心配しつつ、楽しみにしつつ、不安に思っているのだろうけど。
親だけの力では決してこどもは育たないと思うのスe-420
皆で育てていきましょう。
自分もそうやって大きくしてもらったんだもんねe-267

  • 投稿者: にばんめ。
  • 2008/01/28(月) 03:19:52
  • [編集]

本当に

皆で育てていけるような世の中だったらいいんだけど・・・。
今ひとつ、そういう理想的な世の中ではないような気がして。v-13
だって、ちょっと人と違うだけで、いじめにあっちゃう現状でしょ。
障害者=厄介者って感じで、はみこにされたらどうしよう。v-11
普段とっても前向きな怪人ですが、ジョーイの将来のことになると、とっても不安。
だから、自分に出来ることは何でもやっておいて、あとは天に祈ってます。
ジョーイの幸せのために。v-238
毎日、手を尽くし、心を尽くして。

  • 投稿者: 怪人
  • 2008/01/28(月) 07:36:37
  • [編集]

はじめまして

すばらしい賞をおめでとうございます。
うちにも、11歳の自閉症の息子がいます。
毎日、大変だったけど、いろんな人に助けられて
楽しく暮らしてます。
アメリカも日本も、偏見もあるけど、
理解のある人もまわりに少しずつ増えてくると思います。
そして、ほんとにいい友人もできますよね。
濃いつきあいという感じやね。


グッズがかわいいw
また、ブログで紹介してもいいですか?
よろしくおねがいいたします。

  • 投稿者: ぽん
  • 2008/01/30(水) 04:15:10
  • [編集]

ぽんさん、

いらさいませ~v-9
コメントありがとうございます。
お互い大変ですね。自閉症の子供を育てるのも大変だけど、周りの理解を得るのも大仕事ですよね。誤解・偏見、哀れみの視線・・・怪人、ツラの皮、促進栽培中です。v-221

是非是非ブログで紹介してやってください。ありがとうございます。
また来てね~v-238

  • 投稿者: 怪人
  • 2008/01/30(水) 07:49:08
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する