人と違っても、えーやんか。

自閉症ジョーイと変な奴ジャックとのミネソタ怪人日記。

2017-10

靴置き場

本日8月30日、金曜日です。

なんと熱波のせいでジョーイのガッコが休校になりました。

ジョーイの中学は冷房完備なんですが、同じ学区内にあるもうひとつの中学校には冷房がないんだそうです。

なので2校ともやめやめ!ってことになったそうで。

小学校・高校は普通に授業があるので、ジャックが悔しがってます・・・

さて、

でっきるっかな
でっきるっかな
はてさてふふ~ん
はてふふ~ん♪


今日は靴置き場を作りたいと思います!
お手柔らかにお願いいたします・・・。

ガレージに車を停め、ドアを開けて家に入ってすぐの場所、日本で言う勝手口でしょうか、アメリカではマッドルームという場所があります。

マッドルームって言っても怒ってる部屋じゃないっすよ。
マッドはMud、つまり泥部屋です。

(正確には部屋じゃなくて小さなスペースです。)

ミネソタでは冬になると靴に雪や泥がついてくるので、それを家の中に持ち込まないように靴の着脱スペースがある家が多いのです。

オースティンではマッドルームってあまり見ませんでした・・・
やっぱ雪が降らないからかな。
靴のまま生活してる人も多かったし。

さて、新居のマッドルームは収納がなーもないので、
shoerack01.jpg
家族の靴やスリッパが脱ぎっぱなしの状態。

それに加え、ガレージに置かれてたダンボール箱から普段は履かない靴がたくさん出てきました。
shoerack02.jpg

オースティンではガレージにシューラックがあったのですが、ミネソタでは冬に靴がキンキンに冷えてしまうので屋内に靴置き場がほしいところです。

そこで、ガレージから家に入るドアのすぐ傍にあるこのクローゼットに靴置き用の棚をつけることにしました。
shoerack04.jpg

今回つかう工具はこんなもんです。
shoerack03.jpg

まずはスタッドファインダー(壁の中にある木材を探す装置)で柱の位置を確認します。
ちゃんと後ろの木材にネジがとどかないと、重力でネジがすっぽ抜けて棚が壊れる可能性があるのです。
shoerack05.jpg
右のように赤いライトが上まで行ったらそこには柱があるということ。

宝を探り当てるシロを見る花さかじいさんの気持ちです。

が、このファインダー、時々ウソつきます。
柱がないところで赤いライトが上までいくことがあるんです。
で、ドリルで穴開けてみたら、後ろ空洞なの・・・

ワンワンって言われて掘ってみたらゴミとか出てきたときの意地悪じいさんの気持ちです。

まあこのスタッドファインダーも長い付き合いでクセを熟知してますし、「ココ掘れワンワン」したのは既存の棚の支柱の真下だったので信用できると思います。

(これも15年使ってるんで、最近はもっと性能のいいのが出てるはずです。)

穴を開ける場所を鉛筆でマークします。

一番気を使うのはこの工程です。

水準器で水平になっていることを確認しつつ、ネジが入るところを慎重にマークしてドリルで穴を開けます。

shoerack11.jpg
分かりにくいですが、3箇所穴を開けました。

そこにホームセンターで買ってきたクローゼットセットの主柱(??)を取り付けます。

電動ドライバーでぎゅい~んとネジをねじ込むのが快感。
shoerack12.jpg
ちゃんと水準器で水平になってることを確認しました。

これができたらあとは簡単。

支柱をぶら下げ、
shoerack07.jpg

靴ラック専用の金具をはめ込み、
shoerack08.jpg
(あっ後ろにビールの箱が)

ラックを取り付けるだけ。
shoerack10.jpg

支柱もネジで固定しなければいけないんですが、先にラックをひとつ取り付けてから支柱をネジでとめると楽です。

数個のラックをつけて出来上がり。

ビフォー
shoerack04.jpg

アフター
shoerack09.jpg

なかなか上手にできたと思います!

・・・が、ワタシよりダンナの靴の数が多いことに気づきました。

ワタシは基本運動靴、夏はサンダルが数足あるのですが、ダンナは仕事用の靴、運動靴、スポーツ靴(テニスシューズ、サッカーシューズ、バドミントンシューズなど多種)がそれぞれ数足あるのです。

もう1~2個棚を買ってきて取り付けたいと思います。

新築の家はやることがたくさんあるので、カテゴリできるかなが充実しそうなよ・か・んの怪ブロに応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

コメント

これはすごい!!
我が家も玄関のクローゼットに置けるようにしてるけど、誰一人靴を脱いで入って来ない(涙)。

ほぉほ~、スタッドファインダーってあるんだ。知らなかった。
いつも、コンコンって壁を叩きながら、「ここかな~?」って、おいしいスイカを当てるような感じでした。ここ掘れワンワンも、掘ってみて電気の線とかだったら怖いよね。

怪人さんのおうちはすっきり片付いててうらやましい限りです。
うちは玄関あけたらよくて『タコの家』、頻繁に『ムカデの家』です。
靴だらけ・・・

うちのマッドルームにも一応棚はあるのですが、棚に靴を入れるのは私だけで、他のモノ達は投げ入れてます。怪人さんの取り付けた棚の方が靴が見えて、うちのより実用的なので、真似させてもらいます:)他のプロジェクトも楽しみにしています:)

Houzzってappご存知ですか?私はそこからいろんなアイデアを取り入れてます。

何とかファインダーとか水準器とか持ってるのがスゲェっす。
こういうの自分でやっちゃうの、カッケーなあ〜!

reeさん、

家の中でも基本靴なの?やっぱ南国だからかなあ?
ミネソタでは最近はアメリカ人でも靴を脱ぐお宅がほとんどです。

たまごんさん、

指でコンコンやるのってすごい熟練技師じゃないと難しいって聞くけど、ちゃんと当たる?だとしたらすごいなあ。
電気線にドリル・・・それはマジ危ない。

通りすがりのウルトラの母さん、

すっきり片付いてないんですよコレが。
でもこれで玄関はクリアしたと思いたいです。
ムカデの家wwww
ムカデをお遣いにいかせたら、なかなか帰ってこなくて、どうしたのかと様子を見に行ってたら玄関で必死に靴はいてたってジョークを思い出しました。

GambaMinnesotaさん、

HOUZZ、知りませんでした。これはいろんなアイデアが膨らみますねえ~ワタシも参考にさせていただきます。

ふうりんさん、

あれ?フツーないですか・・・?(汗)
ウチは父が日曜大工的なことが好きで、もっといろんな工具に囲まれて育ったので、もっと色々ほしいです~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ok2bdifferent.blog98.fc2.com/tb.php/2226-982cb9ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

おうし座の怪人

Author:おうし座の怪人
生息場所:合衆国ミネソタ州
家族:怪人(笑われると快感な変態吉本気質)、
ダンナ(マレーシア出身中国系アメリカ人)、
長男ジョーイ(16歳、まったり系自閉症)、
次男ジャック(触ればはじける14歳)。
写真の転載は予め下のメールフォームでお問い合わせください。許可のない転載は禁止させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ランキング♪

1日1ポチ、たのんます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

摂氏/華氏 温度変換器