人と違っても、えーやんか。

自閉症ジョーイと変な奴ジャックとのミネソタ怪人日記。

2017-08

回顧録(78):障碍児認定キターっ

ども、怪人どす。

昨日(15日土曜日)午後、ミネソタに無事到着しました!
mnsign.jpg

かえーってきたぞ♪
かえーってきたぞ♪
ミーネソーターへ~!!


今週末はベン・コイちゃん宅に泊めてもらって、月曜日に仮住まいのアパートに入居です。
アパートは2ヶ月の間会社が費用を持ってくれるので、その間に新居を探して8月半ばまでに引越し完了させたいところです。

とりあえず、ミネソタが

涼しい・・・

日中で20度くらい。

この肌寒さが嬉しいです。風邪ひくけど。

では回顧録の続きをどうぞ!

回顧録(78):障碍児認定キターっ

ジョーイの障碍児認定申請書を出したのが2004年初頭。

待つこと数週間、州から電話があって、Public Nurse(公認看護士?)なる人が来て、ジョーイを観察してレポートを出すということで、その看護師が来る日を指定した。

なるほどなあ、障碍児を装って福祉の恩恵を受けようって輩もいるのかもしれないな。

それから待つこと数週間、看護士が来てジョーイを1時間ほど観察し、さらにワタシに事務的な質問をいくつかして帰っていった。

それから更に待つこと数週間(お役所仕事なので仕方ないのかも)、2004年3月末、

ジョーイの障碍児認定が降りた。

医療機関で出た正式の診断書ではなく、ガッコからのレポートで障碍児認定が降りたのは、ジャニーンさんが知っている限り初めてらしい。

「へえ~本当に通っちゃったのね~

と感心されてしまった。オイ

とにかく、これでジョーイはお墨付き(?)の障碍児となった。

決しておめでたいことではないのかもしれないが、ワタシにとっては大きな前進だった。

州から子供が障碍児であると認められると、色んな公的サービスが受けられる。

まず、州の補助保険に加入できる。

アメリカではたいていの家族が職場を通して民間の健康保険に加入しているが、民間の保険はカバーされない医療やセラピーなども多々ある。

この補助保険は民間の保険がカバーしてくれない分の医療費やセラピーも払ってくれるし、ジョーイが単なる体調不良で医者にかかっても、本来なら自腹で払う自己負担分もカバーしてくれるし、薬代もタダになる。

さらにこの補助保険は、4歳を過ぎてもトイレトレが終わっていない障碍児には、オムツも無料で支給してくれる。

認定が降りた時点でジョーイはまだ3歳だったが、まだまだトイレトレなんて考えられる状態じゃなく、4歳までにオムツが取れない自信があった。(ヘンな自信・・・

補助保険は、家庭の年収にあわせた保険料を払わなければならない。

これが決して安いものではないが、それでも加入したい理由があった。

当時私たちが住んでいた郡では、この補助保険加入家庭に「障碍児育児補助金」なるものが支給され、その額は保険料をかるく上回っていたのだ。

この補助金は、障碍児の為に使うことが大前提で、たとえば車椅子の子供がいる家庭では、この補助金を使って家の内外の段差をなくしてスロープをつけたりすることができる。

自閉症の子供の場合には、知育オモチャや感覚統合に必要なトランポリンなどを買ったり、食餌療法をしている場合はアレルギー食代価品、サプリなどを買ったりできる。

親がもっと専門知識を得る為に、自閉症関連の本を買ったり関連セミナーに参加したりもできる。

親が自閉症児を連れて買い物などができない状態なら、その間面倒を見てくれるベビーシッター代、あるいは、目が離せないから掃除もできないというなら、掃除サービスを雇うのに使ったりもできる。

また、子供の社会性を高めるため、あちこちに連れて行きたいという理由で、地元の博物館や動物園、フィットネスセンターなどの家族メンバーシップを買うこともできる。

補助金を何に遣うかというのは、年に一度出費予定表を書いて事前に提出し、承認してもらわなければならない。

友人の中には、

子供の自閉症が原因で離婚しそうだから、補助金を使ってマリッジカウンセラーに相談に行きたい

とか

いい母親でいるために息抜きが必要だから、スパのメンバーシップが欲しい

とかいうのを申請して、見事却下された人もいたらしい。

ワタシはとりあえず、

危険を理解しないジョーイの為に、裏庭にフェンスをつけること(裏庭のそばがすぐ道路で目が放せなかった)に一番にお金をつかった。

そして、ジョーイの運動能力向上のためという名目で、裏庭に遊具を買った。

(この頃は、一年分の補助金を年度初めに口座に入れてくれるので、即大きな買い物をすることができた。今はシステムが変わって毎月定額支給になり、大きな買い物をする場合は支出を控えてお金を貯めてからでないと買えない。)

このころのジョーイのマイブーム。

水をコップに移し替えて・・・
kaikoroku73.jpg

上から覗く。
kaikoroku74.jpg

そんでまた元の容器に戻す。
kaikoroku75.jpg

これを延々とやってました。

ちなみに手前のおしゃぶりはジャックのです・・・
kaikoroku72.jpg
ジャックは1歳4ヶ月くらいだったかなあ。

ぽちっと押してってくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

FBにもコメントしちゃいましたが、無事の到着何より!お疲れ様でした〜
いいお家が早く見つかるといいですな!

ジョーイくんもジャックくんも、かーわええーー♪
補助金、なるほど〜
こういう制度がちゃんとしてるのは助かりますよね。

到着、早っ!!!流石だわ〜w

これはまた素晴らしいサービスですね〜!
こんなに福祉がしっかりしてるなら、ミネソタLOVEなのも納得お得です。
テキサスはなーんも無いもんねえ(−_−;)

無事に到着、お疲れ様。
落ち着くまではまだもうちょっとかかるだろうけど、とりあえずお疲れ様。
風邪ひかないようにね~

まとめてコメ返し

おかげさまで無事到着しました。
殆どダンナひとりで運転してた。
道中記は後ほど~♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ok2bdifferent.blog98.fc2.com/tb.php/2136-98182d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

おうし座の怪人

Author:おうし座の怪人
生息場所:合衆国ミネソタ州
家族:怪人(笑われると快感な変態吉本気質)、
ダンナ(マレーシア出身中国系アメリカ人)、
長男ジョーイ(16歳、まったり系自閉症)、
次男ジャック(触ればはじける14歳)。
写真の転載は予め下のメールフォームでお問い合わせください。許可のない転載は禁止させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ランキング♪

1日1ポチ、たのんます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

摂氏/華氏 温度変換器