人と違っても、えーやんか。

自閉症ジョーイと変な奴ジャックとのミネソタ怪人日記。

2017-08

CCレポ:青い幽霊

タイトル、コーパス・クリスティ(Corpus Christi)レポを略して、「CCレポ」にしてあります。

CCレポ、YEAH!ultramanyeah.gif

なんだかレモン風味でビタミン豊富そうなタイトルですね。

記事の内容もそうなればヨイのですが。

2月4日月曜日、怪人一家はメキシコ湾に面する海沿いの町、コーパス・クリスティにやってきました。

オースティンから3時間半くらいかかる予定が、ダンナの暴走効率よい運転で3時間で到着。

ホテルに着いたのが午後1時過ぎだったのでチェックインさせてもらえず、そのまま観光に出ました。

まずは第一のお目当て、USSレキシントン博物館へ!

blueghost1301.jpg
ダウンタウンから伸びるこの橋を渡ると・・・

見えました、レキシントンです!
blueghost1302.jpg
デカー(゜ロ゜)

USSレキシントンはアメリカ海軍の航空母艦で、第二次世界大戦真っ最中の1943年に就役、日本軍と戦った歴史を持ちます。

1952年に一線を退き、訓練空母として長年使われ、その後1991年に退役しました。

現在ではここコーパス・クリスティで博物館として、現役だった頃の面影を公開しています。

ここへ一番来たかったのはダンナ。

子供の頃から戦闘機とか空母とか好きで、模型がほしかったけどビンボーだったので買ってもらえず、親戚の人にもらったという戦闘機図鑑が宝物だったということで、今も大事に持っています。

なのでレキシントンを目の当たりにして鼻息荒いダンナ。

海岸沿いの駐車場に車を停めると、チビどもが砂浜にむかって突進しました。

海だあああ~
ε=ε=ε=┏(゚ロ゚)┛
ε=ε=ε=┏(゚ロ゚)┛

blueghost1303.jpg

昨日のクイズの答えですが・・・
blueghost1343.jpg
砂浜のけったいな模様は、カモメの足跡でした。
縦横無尽に踏み倒しておるな。

ハイな子供達をまるっと捕獲して、レキシントンを背景に一枚撮りました。
blueghost1304.jpg

桟橋(連絡橋?)の入り口の前に、ブルーエンジェルの展示。
blueghost1305.jpg
ブルーインパルスと混同しそうですが、別物です。

並べて展示してある錨とかスクリューとかめっちゃデカイです。
blueghost1324.jpg

対空機関砲
blueghost1306.jpg

マーク37型魚雷
blueghost1307.jpg

大きさをお見せする為に家族を使っております。

レキシントンは、日本軍にBlue Ghost、つまり「青い幽霊」と呼ばれたそうです。
blueghost1308.jpg

当時ブルーグレーの色を塗ったこの種の母艦はレキシントンだけだったこと、日本軍が「レキシントン撃沈」を3度発表したのに、そのたびにまた現れて交戦したことからついた名前だとか。

っつか、3度も誤報するもんですかねえ・・・。

桟橋を歩いて、母艦に近づくと・・・
blueghost1309.jpg
艦橋に、旭日旗が。

1944年11月5日、日本軍の特攻隊カミカゼが激突した場所だそうです。

この特攻により、レキシントンでは50人が亡くなり132人が負傷したそうです。

うっ・・・

カミカゼと交戦した空母だとか予備知識がないままに来てしまいました。
入る前の時点で少し複雑な気分に。

でも入るのじゃ!!

中で怪人が見たものは・・・?

続きます!
チャンネルはそのままで!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

コメント

やっぱ中にも入れるんだね。
息子がスカウトキャンプでサウスキャロライナのヨークタウンで空母航空に行ったけど、それはそれはよかったらしいよ。
男子(父ちゃんも含む)にはたまらん場所みたいだね。

自衛隊の船とかが港に来た時は良く見に行ったよ、あまり見るチャンスのない物は見たいわ~~。

抽選で沖にちょっとだけ出るってのも当たって行った事ある。

おかえり〜。いよっ待ってました、CCレポ(ン) w。
この船カッコいいよね。うちらも外から写真だけは撮ったよ。
次回こそは犬抜きで行って中に入るぞ!次回の中編、楽しみです♪

こういう戦争系の歴史物はなんか気分がモヤモヤするよね。
義母の父さんの話とかでも日本と戦った時〜とかでてきて、私に言ってるわけじゃないって分かってても何か肩身が狭い気分になる。。。

おかえりー♪いいよねぇミリタリークオリティ♪
なぜなら壊れちゃ困る、壊れないように作ってあるんだもの、そらもう魅力的よ。

余り詳しくないけど、沈没したと見せかけて速攻修理して日本軍を追い込んだって話を訊いたことがあってね、この船のことじゃなかったかなぁ。
で、当時米は現場の意見を聞き入れて即実行したんだって、現場で使っている道具が使いづらいなら即改良して使う、かやた日本は武器を作って性能が悪かろうと使え!って上から目線だったから負けたって。
なんか近頃起きている事件やら現代日本と変わりない気がしてねぇ、、、おっと暗くなった、、、

おお、カモメの足跡か〜!にゃるほど。言われてみればそんな感じ。

特攻が突っ込んだ空母……
続き、ものすごく興味ありますです。

reeさん、

ダンスィと歴史好きにはたまらん場所だと思います。
ワタシ、そっち方面はあまり興味ないほうだけど、それでも楽しめたもの。

さくら母ちゃんさん、

ホントね~滅多に見る機会ないものね。
自衛隊の船で沖に出られるの?それはスゴイっ!行って見たい!

Qちゃん、

そうか、犬は入れないのね。次回に期待しましょう。
実際に日本と戦った軍人さんたちは、さほど反日ではないそうです。後に反日教育を受けた人の方が日本に批判的。
とは言ってもワタシも、真珠湾攻撃の日に旗が半掲揚になってるのを見るだけで肩身が狭くなる・・・。小市民やね。

kindo1959さん、

へえ~そうなんだ。
でも即効修理できるだけの人材資材があったってことだもの。
最後の手段に燃料タンク半分で特攻なんてやってた日本にはやっぱり勝てない相手だったのよね。

ふうりんさん、

カモメ、鷺、ペリカンなど、鳥たちの楽園でした。
レキシントンもそうだけど、レストランや公園など、公共の場所にはかならず「鳥に餌をやらないでください」って看板がありました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ok2bdifferent.blog98.fc2.com/tb.php/2011-febdce78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

おうし座の怪人

Author:おうし座の怪人
生息場所:合衆国ミネソタ州
家族:怪人(笑われると快感な変態吉本気質)、
ダンナ(マレーシア出身中国系アメリカ人)、
長男ジョーイ(16歳、まったり系自閉症)、
次男ジャック(触ればはじける14歳)。
写真の転載は予め下のメールフォームでお問い合わせください。許可のない転載は禁止させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ランキング♪

1日1ポチ、たのんます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

摂氏/華氏 温度変換器