人と違っても、えーやんか。

自閉症ジョーイと変な奴ジャックとのミネソタ怪人日記。

2017-03

カナダ徒然(26)ただいま!

本日9月29日火曜日です。

今日はNational Coffee Day(コーヒーの日)だそうで、アメリカではあちこちで無料のコーヒーが振舞われるそうです。(

ワタクシはいつもどおり、お気に入り(というか、自作)のマグでキューリグを一杯。
coffeeday15.jpg
これがないと一日が始まらんのよpenguintea.gif

長々と綴ってまいりましたカナダ紀行、今回で最後です。

帰路途中、国境の街スー・セントマリー(アメリカ側)で一泊しました。

朝疲れて起きられないジャック。
drivehome1514.jpg
起きてぇ~ん(byうっきー)

スー・セントマリーのホテルを出て、一路アッパーペニンシュラを西へ。

ミシガン州はミシガン湖の東と北西に別れておりまして、アッパーペニンシュラというのは北西の部分、下の地図ではピンクの部分に当たります。
upperp.jpg

ミシガン湖を左手に見ながら一路西へ。
drivehome1510.jpg
西へ~向かうぞニンニキニキニキニン♪

途中のガスステにこんな板チョコ?がありました。
drivehome1512.jpg
Yooper Bar

アッパーペニンシュラはUP(ユーピー)とも言われ、ここの住民はYoopers(ユーパーズ)と呼ばれるのだそうです。
drivehome1516.jpg
UPをかたどった板チョコ、SAYKLLY'Sのロゴは地元では有名なお菓子屋さんだそうで。

カナダでたいした土産を買ってこられなかった怪人、これを近所のママ友さんたちへのお土産にしました。

ミシガン湖に沿ってアッパーペニンシュラを走り、ウィスコンシン州に突入。
drivehome1511.jpg
高速道路から外れて近道の田舎道を走ってたら、アーミッシュの人たちが居た。

未だに文明の利器を使わず(もちろん車もペケ)、馬車や自転車で移動するのです。
ハリソン・フォード主演の「目撃者」を見た方はわかるかな?

テレビなどでアーミッシュをネタにしたジョークを見たり聞いたりするけど、テレビやラジオやインターネットのない生活をしているアーミッシュの人たちには知られようがないから、反論や訴訟の心配もないんだろうなーとか思う。

それから運転を交代したりでその後の写真がありませんが、無事家に到着しました。

この旅全走行マップ。
canadadriveallsm.jpg
クリックで拡大します。

全行程2400マイル、約3860キロのでした(フェリーは含まず)。
運転時間は通算40時間ほど。殆どダンナが運転しましたけどね。

カナダの旅、楽しかったなあ。

モントリオールでは、あちこちでカナダ国旗とケベック州の州旗が掲げられていました。
mapleleafsigns4.jpg
泊まったホテルには何故かアメリカの国旗もあった。

ケベックの州旗はフランス王家の紋章であるフルール・ド・リスが4つ。
quebecflag.jpg
コチラのサイトから拝借しました。この州旗について詳しく書いてます。

楓のマークは色んなところでモチーフに使われてて、宝探しみたいでした。

ファミリーレストラン、Applebee's(アップルビーズ)のアスタリスクが楓(ちょっと解りにくいけど)だったり、IHOPのOが楓マークにくりぬかれてたり、
mapleleafsigns.jpg
マクドナルドのMにもさりげなく楓が。

アメリカ資本のレストランに対するささやかな自己主張ってカンジかしら?

カナダで買ったナチュラルウォーター。
mapleleafsigns2.jpg

これもボトルに楓のマークが入ってるんですよ~
mapleleafsigns3.jpg
可愛い♪

カナダの誇りをひしひしと感じました。

カナダ徒然旅行記、これにて幕。
長々とお付き合いありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

カナダ徒然(25)さらばカナダ

本日9月28日月曜日です。

昨日27日の夜はスーパーブラッドムーンが北米で見られまして、夜10時近くまでジャックと一緒に待ってました。
(ジョーイは全く興味なし)

で、デジイチで撮った写真がコレ。
superbloodmoon09171502.jpg
遠い・・・そして思ったより赤くない。

頑張ってもコレが精一杯でした。
superbloodmoon09171503.jpg
望遠用のレンズもないしな。
まあこんなんでも撮れてよかったし。

ちなみにジャックは「これだけ?と言い捨てて寝ました。
気持ちはわかる。

次にスーパーブラッドムーンが見られるのは2033年だそうです。
まだ生きてて動ける状態なら、少しはエエ望遠レンズで撮影したいものです。

さてカナダ徒然日記、終盤です。(やっと。)

カナダには9月1日まで居る予定だったのですが、予定を少し早めて8月30日帰途に着きました。

疲れた・・・ってのもありますが、
金が底をついた
ってのが主な理由です。

いやー、思ったより財布が軽くなるのが早くてねえ。

外食は既出の理由で出費が30%増しだし、ネットでお得なホテルを探しても、税金やサーチャージで「話が違うやないかいみたいな料金になるんですよ。

それでダンナが戦々恐々としてきまして、
今日中にアメリカに戻って一泊する
と言うことになりました。

チェックアウト前の早朝ワタクシ散歩に出まして、ベーカリーで朝ごはんを調達してきました。
drivehome1513.jpg
フランス語は解らんが、クロワッサンだけは読める。ってか見れば解る。

ホテルでパンを食べてからチェックアウト。

さて、往路はミシガン湖をフェリーで横切っていきましたが、帰路はヒューロン湖の北に沿って西へ向かいます。

途中オタワを通りました。

高速脇の街灯にメープルの飾りがついてた。
drivehome1501.jpg

可愛いwww
drivehome1502.jpg

KANATA(カナタ)という町を通りました。
drivehome1503.jpg
こんなラララ星の彼方まで来てしまった。

途中で給油。
drivehome1504.jpg
アメリカはガロンでUSドル、ここはリットルでカナダドル、高いのか安いのかワカラナイ。

1リットル1.019カナダドル、日本円にすると93円くらい。安いよね。

1ガロンは3.875リットルなので、1ガロン3.857カナダドル。
1カナダドルが0.75USドルとすると、2.89USドルか。

ミネソタに比べるとちょっと高いな。
カリフォルニアとかと同じくらいかな?

高速道路ではないけど信号の少ない田舎道を走ります。
drivehome1505.jpg
雨が降ったりやんだり、運転しにくい天気でした。
drivehome1515.jpg

考えてみると、この旅行の間、ホント天候に恵まれたなあ。
ナイアガラを出てトロントに行く朝にちょこっと小雨に降られた以外、ずっと晴れ模様だったのです。
日ごろの行い?まあツッ込まずにそういうことにしておいて。

南西に陽が落ちる・・・
drivehome1506.jpg

暗くなる前になんとか国境の町、スー・セントマリー(カナダ側)に来ました。
drivehome1507.jpg
「アメリカへの橋」

らいくぁ~ぶり~っじおーばーとらぼ~わーた~♪
drivehome1508.jpg
相変わらず誰も反応してくれません。

悔しいので
らいららい♪らいらら~ら~ら~らら~い♪
と一人でS&Gの定番合いの手(?)を入れたらダンナがブッって吹いてくれた。
(子供たちはボクサーを知らないのでツッコミのしようがない)

一応ウケたことにして内心ガッツポーズ。余は満足じゃ。

つつがなくアメリカ侵入再入国成功。
drivehome1509.jpg
どうして入国管理のおっちゃんたちってあんなコワモテなんだ・・・

アメリカに渡ったところで、スー・セントマリー(アメリカ側)で一泊しました。

橋を挟んで両側とも同じ都市名なんだよね。
そういえばナイアガラフォールズもカナダとアメリカで同じ都市名が川を挟んでにらめっこだったなあ。

近くのファミレスで遅い夕食をとって、消費税が6%だったのを見たダンナが嬉しそうだった。

帰路1日目走行マップ。
canadadriveback1stmap.jpg
10時間くらい運転しました(ダンナが)。

もう一回だけ続きます!

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

カナダ徒然(24)カナダ最終夜

旧市街→中華街→新市街を廻って、ホテルに戻りました。
歩きつかれてもうくたくた。万歩計持って行けばよかった・・・

一休みしてから、晩御飯を食べに出発。今回は車で。

ダンナの熱望により、ラーメンです。
カナダなんだが・・・もう何も言うまい。

その名もRamen-Ya(ラーメン屋)。
montreal1544.jpg
いざ!

ラーメン屋と居酒屋が融合したようなお店で、バーのビールタップが刀の柄でした。
montreal1545.jpg

おいしいラーメンを暫く食べていないような気がする・・・
montreal1546.jpg
そんな怪人のツボにぐいぐい来ました。
旅先のラーメンってうめー

デザートは、杏仁豆腐マンゴーソースがけと抹茶アイス。
montreal1547.jpg

大変満足いたしました。

さておなかが膨れたところで、モントリオールの夕景を見に行くことにしました。

モントリオールは都市の真ん中にロワイヤル山(Mont Royal)という標高233mの山があります。

実際モントリオールの名ははこの「モン・ロワイヤル=王の山」が由来だそうな。

登山途中に小さな駐車場があり、そこから町の北東が望めます。
montreal1548.jpg
写真右上の建物は、1976年のモントリオールオリンピックスタジアム。
montreal1549.jpg

ふとフェンスから下を見ると、アライグマがおった・・・
montreal1550.jpg
そこにいた観光客全員が夕景を忘れて一斉にアライグマにカメラを向けたのが印象的でした。

車に戻って更に登山(車で登る場合も登山っていうのかしら?)、大きな駐車場に出ます。

そこに車を停めて、遊歩道を10分ほど歩くと、Chalet du Mont-Royalという展望台に出ます。
montreal1551.jpg

Chaletってシャレーだよね?フランス語で「山小屋」だよね?
montreal1552.jpg

これが山小屋だとは流石「王の山」。
山小屋どころかちょっとしたお城みたいなんですけど。

ここからの夜景は噂に違わず圧巻でした。
montreal1554.jpg

ほぼ180度パノラマ的に夜景が見られます。
montreal1555.jpg

つないで見ました・・・(へたくそやけど)
クリックしてみて。

北米のパリといわれるモントリオール、本当にヨーロッパに来たような錯覚におそわれる町でした。

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

カナダ徒然(23)モントリオール新市街

旧市街を出て、新市街へ移動することにしました。

旧市街から「スペクタクル地区」といわれる文化と芸術の拠点的な新市街の間にはチャイナタウンがあります。

montreal1532.jpg
チャイニーズったら本当に何処にでも住んでるな。

チャイナタウンにあるホリデーインホテルも中華風。
montreal1533.jpg

こんなトラックも場違いに見えない、それがチャイナタウン。
montreal1535.jpg

トロントの中華街に比べると規模は小さいです。
montreal1534.jpg

またチャイナタウンか・・・

とうんざりしながら歩いてたジャックが、

え?コレだけ?

と拍子抜けしてました。

アンタ一応(DNA的には)50%チャイニーズなんだけどねえ。

チャイナタウンを抜けて、セント・キャサリン通りという目抜き通りに来ました。

この日だけなのか毎日なのか不明ですが、歩行者天国でした。
montreal1536.jpg

ヨーロッパ風の古い町並みの旧市街とは相反して、お洒落で洗練された建物が並びます。
montreal1537.jpg

ケベック大学もここにあるようです。
montreal1538.jpg

道路の真ん中で巨大チェス大会をやってました。
montreal1539.jpg
暫く見てた。これなら勝てそうと思う相手もいたwww

モントリオールは別名「百の鐘楼の街」とも言われるほど教会が多いです。
montreal1541.jpg

montreal1542.jpg

montreal1543.jpg

教会巡りツアーなんかもあるらしいですよ。

新市街でも、モダンな建物の合間に渋い石造りの教会があったりして、大変オツでした。

続きます~

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

カナダ徒然(22)モントリオール旧市街

大聖堂を出て、前日に調べたランチがおいしいというお店へ向かって旧市街をぽてぽて歩きました。

途中、こんな看板がたくさんありました。作業途中?
montreal1519.jpg

フランス語はわからんが、トイレはこっちだよ~って看板だよね。
montreal1520.jpg

さて、前日にトリップアドバイザーでイチ押しされてたカフェに来ましたが、着いてみたらすごい混みようで50分待ちだって。

エェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエ

まだ11時前だったのに・・・
ショックで写真も撮らずに去りました。

Olive et Gourmandoというお店です。誰か行ってリベンジしてくれ。

仕方が無いので、デザートに予定していたベーカリーに行くことにしました。

昔ながらの街並みを愛でつつ、旧市街を更に歩きます。
montreal1521.jpg

旧市街の南を流れるサンローラン川に沿って公園が延びてました。
montreal1523.jpg
大きな木の下で太極拳をしているご夫婦(かどうか知らないけど勝手にそう決めた)。

川沿いの公園から旧市街を振り返ると、バシリカの尖塔が見えました。
montreal1522.jpg
暑くもなく寒くもなく、抜けるような青空に爽やかなそよ風。

お目当てのカフェでランチできなかったからって拗ねる気もふっとぶわ。

さて、やってきましたベーカリー。
montreal1524.jpg

Maison Christian Faure

こちらもトリップアドバイザーで見つけたフレンチ・ベーカリーです。

外から見るとたいしたことない佇まいですが、中はすごくお洒落。
montreal1531.jpg

マカロンやケーキや・・・
montreal1525.jpg

おフランスなお菓子が並んでて一気にテンション上がりました。
montreal1526.jpg

ここでは食事もできるというので、食べ損なったランチをいただくことにしました。

ふわふわのスクランブルエッグに、野菜とスモークサーモン、バゲットが沿えられて出てきた。
montreal1527.jpg
めっちゃお洒落!
めっちゃオイシイ!
ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ


食後はデザートをトレイに乗せて持って来てくれます。
(ランチスペシャルは飲み物、デザートがついてくるのでした。)

お好きなのを一品お選びください~
montreal1528.jpg

ぎゃあああああ(鼻血ブーpenguinnosebleed.gif

今回のカナダ旅行の中で一番興奮したのはこの瞬間だったかも・・・

実はカナダに来る前に、参謀に
ケベック州はシュガーパイってのが有名だから是非食べてきてね
と言われてたんですが、このセレクションのなかにシュガーパイはありませんでした。

ミルフィーユとイチゴのエクレアを選びました。
montreal1529.jpg

濃厚なクリームが美味しかったよ!
montreal1530.jpg
食べるのが勿体無いくらい可愛い!食べたけど!

このベーカリーに来るためだけにまたモントリオール行きたいとまで思う・・・

ノートルダム大聖堂でホーリーな気持ちになった心が一瞬で煩悩に染まったランチでした♪

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

カナダ徒然(21)ノートルダム大聖堂

モントリオール2日目です。

ワタクシ前日の夜にネットを検索、地図に書き込んだりしてみっちり計画を立てておりました。
montreal1518.jpg
順路や目的地を地図に書き込んで準備万端。

なんかね、いつの間にかワタシが案内役みたいなカンジに収まってしまいまして。

トロントでもワタシが地図を見ながら東はこっち!とか、次は右に曲がって!とか指示したりしてるうちに、子供たちもダンナも「つぎはどっち行くの?」ってワタシを見るようになってねえ・・・

まあいいんですけど、迷ったら間違いなくワタシのせいになるので気が抜けん。

ホテルから最寄の地下鉄の駅へ行き、そこからオールド・モントリオール(モントリオール旧市街)へ。

ヨーロッパ風の古い町並みが広がります。
montreal1517.jpg

建築細工フェチ怪人、こういう外観、たまらん~~~
montreal1516.jpg
お髭がズデギなおっさんが貼り付いてたりするのもイイ!!イイよぉ~~~
montreal1500.jpg
変態です。自覚してます。

昔の面影をとどめた石畳とか。
montreal1515.jpg

観光客待ちの馬車とかも居る。
montreal1514.jpg

そんなノスタルジックな旧市街をてくてく歩きまして、やってきました。

モントリオールに来たら絶対外せない!
ノートルダム大聖堂!!
montreal1507.jpg

Basilique Notre-Dame de Montréal 公式HP

あとで参謀に聞いて知ったんだけど、セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げたのはここだったそうです。

入場料$5払って入ります。

息をのむほど美しい大聖堂です。
montreal1508.jpg

クリックで拡大して、美しい細工をごらんください。
montreal1510.jpg

montreal1509.jpg

montreal1513.jpg

この細工のひとつひとつが、機械じゃなくて手で作られたものだと思うと鳥肌が立ちます。

ダンナが

神の存在を感じるなあ

としみじみしておりましたが、ワタクシは

神の存在を信じる人たちの熱意

をひしひしと感じましたねえ・・・

クリスチャンじゃないけど!真言宗だけど!
神が居たとしても教会にはいないと思うの。
教会は神のためじゃなくて信者のために建てられたものじゃないかと。

メインの教会の裏に、小さなチャペルもあります。
montreal1511.jpg

こちらの細部もなかなかの凝りよう。
montreal1512.jpg
こういう彫刻とかに萌えるワタシは変人でしょうか・・・

建築様式だとか細部の一つ一つの細工だとか、掘り下げて調べれば地球の裏側に出るほどまで色々あるんでしょうねえ。

心が洗われるような、ホーリーな気持ちになったところで、おなか空いてきたのでランチにしようと教会を出ました。
宗教では腹が膨れんのよ。

続きます♪

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

カナダ徒然(20)モントリオールdeイタリアン

モントリオールに到着して最初の夜、どこで晩御飯食べようかって話になったとき、

頼むからもう中華は勘弁して・・・

とジャックが懇願してきました。

そうだよね。トロントでは毎日中華だったもんねえ。
記事にはしなかったけど、モントリオールに来たこの日も、朝は飲茶を食べてから出発したんだった。

カナダに居るのに中華料理ばかりでちょっとうんざりしていたワタクシもこれに同意。

じゃあ何が食べたいの?

と聞くと、

イタリアンがいい!

とな。カナダなんだが・・・まあいいか・・・

ホテルのフロントで、歩いていける距離にいいイタリア料理のレストランはないか聞いて見ました。

そしたら周辺地図をプリントしたものに印をつけてくれました・・・がその地図もフランス語なので

あの~英語版の地図ないっすか?

と聞いたら

ノンノン

とフランス語で言われてしまった。

ノンノン・・・

ムーミンの彼女を思い出す・・・
img_0.jpg(クリックで拝借元へ)

今はフローレンという名前に変わってるんだって?

そんなどうでもいいことはさておき、まあ地図だし通りの名前さえ解れば迷うことはなかろう、とホテルから繰り出しました。

まだ陽が落ちる前に出たので、明るいです。
montreal1501.jpg
かっちょええ教会があったり・・・

昭和(大正かも?)のニオイがぷんぷんするお酒のポスターがあったり(何故かミラーイメージですが)、
montreal1502.jpg

ロケ撮影をしていたりしました。
montreal1503.jpg
何撮ってるの?って聞いたら、Quanticoというアメリカのドラマだそうで、この日曜日にABCチャンネルで放映が始まるそうです。

ぽてぽて歩いて、ホテルマンに薦められたイタリアンレストランに来ました。

2階のバルコニー席。
montreal1504.jpg
まだ比較的時間が早かった(5時過ぎだった)からか、簡単に席が取れました。

久しぶりにボンゴレ・ロッソを食べた。おいしかったです。
montreal1505.jpg
中華に染まった体が塗り替えられる気分でした。

知らなかったんだけど、カナダって消費税高いのね。
トロントは12%くらいだったかなあ。でもモントリオールは15%なの。
チップにも15%払うから、何か食べたら出費3割増しですよ・・・

おなか一杯になってレストランから出てきたら、入り口でテーブル待ちのお客さんがたくさんたむろっててビックリしました。
montreal1506.jpg
週末でもないのに、皆こんなに外食するんだなあ。

さあ翌日に備えてホテルかえって休もう。
(そのまえに洗濯物を畳まねばだが。)

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

 | HOME |  次頁へ移動する»

FC2Ad

 

プロフィール

おうし座の怪人

Author:おうし座の怪人
生息場所:合衆国ミネソタ州
家族:怪人(笑われると快感な変態吉本気質)、
ダンナ(マレーシア出身中国系アメリカ人)、
長男ジョーイ(16歳、まったり系自閉症)、
次男ジャック(触ればはじける14歳)。
写真の転載は予め下のメールフォームでお問い合わせください。許可のない転載は禁止させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ランキング♪

1日1ポチ、たのんます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

摂氏/華氏 温度変換器