人と違っても、えーやんか。

自閉症ジョーイと変な奴ジャックとのミネソタ怪人日記。

2017-10

久々のミネソタ科学博物館(4)

12時半になり、通訳のクライアントと落ち合いました。

ハイ、やっと仕事です・・・

smm1724.jpg
顔出しOK済み

守秘義務なんちゃらで通訳の内容は明かせませんが、従業員しか入れない場所に案内されまして、所謂裏舞台を見ることができました。

こちらは、博物館のマスコット??のイグアナの像を搬送したときの写真だそうです。
smm1725.jpg
これ、周りの人たちビックリしただろうなあ・・・

このイグアナは学校の遠足など団体で行くときに入り口となる裏口の外に鎮座しています。
joeyft2.jpg
↑ジョーイが行ったときの写真()。

↓ジャックが行ったときの写真。(
smm1101.jpg

この写真は、初代ミネソタ科学博物館。
smm1728.jpg
セントポールの州議会ビルの近くにあったそうですが、60年代に取り壊されて現在は普通のオフィスビルが建ってます。

ミニチュア版展示物(本物の展示物そっくり!)は、配置換えなどをするときにフロア計画に使うそうです。
smm1729.jpg
展示物を作る制作部があって、そこでこのミニチュアも作ってるそうです。

いいな~楽しそうな仕事~~

クライアントさんはミネソタ博物館のスタッフが5人もミーティングに参加してくれて、みっちり2時間色んな質問に答えてくれたことに感動していらっしゃいました。

なんかね、ココ来る前に別の州の某博物館を訪問したんですが、対応してくれたのはたった1人、2時間の予定が45分くらいで切り上げられてしまったとか。

そうそう、ミネソタンはフレンドリーなのですよ。
「ミネソタ・ナイス」という言葉まであるくらい。

参考:
ミネソタ・トリビア
「ミネソタ ナイス」という表現


ただ、皆表面上は誰もがフレンドリーだけど裏表が激しいとか、もっと深く知り合おうとするとガードが固いという悪評もあります。

それでもミネソタが好きなんよ

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

久々のミネソタ科学博物館(3)

前回に引き続き、通訳のお仕事の前にミネソタ科学博物館の中を見て回ってます。

え?早く仕事しろよって?
まあいいじゃないの・・・

ここは今年の1月から展示してる、Sportsology(スポーツ学という造語)。
smm1707.jpg

動く的にボールを当てるゲームや・・・
smm1714.jpg

君はティラノサウルスより速く走れるか?な展示や・・・
smm1711.jpg
挑戦してた少年が軽く負けていた。
smm1712.jpg
ワタクシは絶対無理です。
おとなしく食われます。

こちらは、反射神経をテストしよう!という展示。
smm1715.jpg
磁石の力でぶら下がってる赤い棒の下に手を置き、棒がリリースされたらぱっと掴むのです。

やってみたら、リリース後0.23秒くらいで掴めました。
smm1708.jpg
後ろを見ると、「素早い」と「平均的」の中間でした。
smm1709.jpg

自分はもっとスローな自信あったから(ヘンな自信)、かなり嬉しかった。

ほくほくして仕事に向かいました~

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

久々のミネソタ科学博物館(2)

通訳のお仕事で行ったミネソタ科学博物館、お仕事前に館内を見て回っております。

コチラはRACE(人種)展。
smm1716.jpg

「人種とは何か?」
smm1720.jpg
「人種差別とは外見ではなく、外見に対して意味を割り当てることである。」

白ハトが平和の象徴とされてるのに、カラスが悪の手先扱いなのを考えるとよーく解りますねえ。

色んな人種の写真があり・・・(これはホントにほんの一部)
smm1718.jpg

その昔南部で人種隔離が普通だったころの看板の写真とか展示されてました。
smm1719.jpg
上から順に、「白人(☜)」「有色人種待合室」「我々白人コミュニティーは白人テナントを希望する」

シャーロッツビルでデモを起こした白人至上主義者たちには、こういう看板が心の底にあるんだろうなあ。

そんな白人至上主義者が発狂しそうな展示めっけ。

「人類皆アフリカン」
smm1721.jpg
白人もアジア人も起源をたどるとアフリカに行きつくそうです。

最近簡単に遺伝子検査ができるサービスが流行ってて、それを試した白人至上主義者が「なぬ!?俺にアフリカ人のDNAが!?とショックを受けてるケースが続出してるそうな。

参考:ネオナチ団体の代表、14%がアフリカ系黒人であることが判明し愕然

コチラは、現在の合衆国におけるネイティブアメリカンの分布図。
smm1722.jpg

赤い部分が原住民が住んでいた場所なのですが、どんどん西へ追いやられて、現在は原住民居住区がぽつぽつとあるだけ。
smm1723.jpg
1800年の時点で既に東を移民に占拠されてしまってます。

なのに
白人の為のアメリカ
などどの口が言うか。

この「人種」展はミネソタ科学博物館オリジナルのもので、全米のあちこちの博物館を巡礼(?)して数年ぶりに戻ってきたところなんだとか。(後に通訳の仕事中に博物館関係者から聞いた)

新しい情報などを加えてアップデートしたら、また期間限定の展示としてあちこちの博物館を渡り歩くそうです。

一人でも多くの人がこの展示を見て、何かを感じ取ってくれますように。

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

久々のミネソタ科学博物館

10月12日、給食のオバチャンの仕事を一日お休みして、久しぶりの通訳に行ってきました。

場所はミネソタ科学博物館

Science Museum of Minnesota

めっちゃ久しぶりです。

お客様とは12時半に待ち合わせだったのですが、ワタクシの分のチケットもとってくれてるというので11時ごろ到着しました。

ロビーには、歴代スーパーボウルの勝者の名前が載った柱が並べられていました。
何故かっていうと、来年のスーパーボウルはミネアポリスで行われるから。
smm1701.jpg
なんで科学博物館に飾っているのか?それは不明・・・

受付でチケットを受け取って、入場。

何度も来てる場所なので、常設展はすっ飛ばしまして、期間限定の展示を見て回りました。

これは、Quackery Museum。
smm1702.jpg

Quackeryとは主に医療の分野でウソの効能などを謳って偽りのモノを売りつける悪徳商法です。
ここでは昔の偽健康商品を展示してました。

その当時は、売ってるほうも買う方もホントにその効能を信じていたのだろうけど。
smm1703.jpg
アメリカでは、効果の定かでない怪しい商品のことを俗にSnake Oil(蛇油)と言うけど、ホンマに蛇油売ってそう。

コレは体に電流を流して健康促進を図る機械。
smm1706.jpg
1915年特許か~100年以上前のモノなんだな。

コチラは「ラジウム水」なるものだそうで・・・。
smm1704.jpg
ラジウムっつったらあのマダム・キュリーが発見した放射性物質?

昔はそれを飲むと若返り健康になると信じられていたらしいです。
smm1705.jpg
イーベン・バイヤーズという人は、その効能を信じて飲み続けた結果、歯が抜け落ち、頭蓋骨に穴が開き、アゴが落ちて亡くなり、鉛でコーティングされた棺桶に葬られたそうな。

参考:
イーベン・バイヤーズの悲劇
かつて販売されていた奇妙な8つの「放射能」商品

関係ないようで関係ないけど、ギフトショップにあったキュリー夫人の人形。
smm1730.jpg
ラジウムを手に持ってます・・・
この人も結局放射能にやられて亡くなったんだよな。

ちなみに、日本語で「ラジウム水」で検索したら、いろんな健康商品が出てきました。
ラドン温泉とかラジウム石とか。

このブログ記事は博物館の展示をそのまま訳しただけなんで、現在日本で販売されてる商品とはなんら関係ないことを一応明記しておきたいと思います。

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

通訳のお仕事

先週の水曜日から土曜日まで、4日連続で通訳のお仕事をさせていただきました。
実際は火曜日午後いっぱいかけて予習もしたから5日にわたるお仕事でした。

日本からのクライアントは某会社の社長さんで、アメリカの通訳相手はその業界では知らない人がいないという世界的に有名なお偉いさん。

普段ガッコのカフェテリアで皿洗ってるオバチャンなど話をする機会などない、絶対。penguinno.gif

めっちゃ久しぶりにスーツを引っ張り出して、めっちゃ久しぶりに化粧して、めっちゃ久しぶりに一張羅のパンプスを履きました。

足が痛くなった・・・まだ育ってるのかワタシの足は?

通訳はツインシティーの郊外にあるオフィスで行われましたが、ここの創始者さんのコレクションだという昔のポスターがたくさん飾ってありました。

chcm3.jpg
看護師募集のポスターらしいです。
chcm2.jpg
どのくらい古いのか見当もつきませんが。
chcm1.jpg

これオリジナルですか?
って聞いたら、
コピーもあるしオリジナルもあるはず。
会社が経営難に陥ったら鑑定してもらうわw

だって・・・

通訳内容は医療関係ではあっても臨床的なことではなく、どっちかというと法律にかかわりそうなことで、こういう分野の通訳をするのは初めて。

うぁぁ、これって英語で何て言うんだっけ!
うぉぉ、英語はわかるのに日本語が出てこない!


とアワアワする場面もなんどかありまして、お偉い方々にどつかれるかと思いきや、

落ち着いて、まあ水でも飲んで

と優しいお気遣いを戴き、涙でそうでした。

普段ほとんど使わない頭を常にフル回転させていたので大変疲れました。

でも達成感ハンパないです!
色々勉強になったし、世界が少し広がったような気がします!

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

続・MD&Mコンベンション

今朝は風花が舞ってます。
ちろちろっと舞っただけなので、初雪と呼んでいいものかどうか迷う。

昨日は物凄く風が強く、なんと

ウチの玄関ポーチの天井がふっとびました。

ceiling101.jpg
物凄い音がしたのも無理はない。

ceiling102.jpg
ハンパにぶら下がってるこのぺらぺらしたアルミ板が、強風にべっこんべっこんはためいてウルサイ。

今朝チビどもをガッコに送り出してから、他に被害がないかと家の周りを廻っていたら、

ceiling103.jpg
飛んでった天井板を裏庭で発見。

ceiling104.jpg
「我ぶっ飛ばされて、落ち葉と戯る」

ありゃりゃりゃ、これは修理にいくらかかるのか。
NYで散財した直後にこの打撃。
泣きっ面に蜂とはこのことかああああ。

そんな泣き言は置いておいて、昨日の続きです。


さて、コチラが今回通訳をさせていただいた、某地区商工会議所率いる製造業各社のブース。

mdm25.jpg
(企業秘密などもあるかと思いますので、社名などはぼかしてあります。)

某会社では、看護士などの練習用に、人工皮膚などを作っています。

mdm22.jpg
そしてコチラの腕には、皮膚の下に人工血液が流れる人工血管が埋まっている。

怪人、採血させてもらいました。
mdm20.jpg
↑めっちゃ嬉しそう・・・

従来のただのゴム膜とちがって、多重層で本物の皮膚に限りなく近く作ってあります。
指で血管の場所を探すのは勿論、針の先が皮膚を通って血管に入るのがちゃんとリアルに感じられるんです。
もちろん上手に射さないと血は抜けません。

怪人、一発で成功!
mdm21.jpg
ちゃんと採血できました。

ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

「あの~、この血どうしましょう?」
「あ、じゃあ戻しといてください」


・・・で、採った血をまた血管に戻すのが面白かった。
なるほど、採血だけでなく、注射の練習にもなるわけだな。

コチラの会社は、使用済みのオムツを臭いや雑菌ごと閉じ込めるフィルムを開発。

mdm17.jpg

ハンドルを廻すとこうなります。

mdm18.jpg

ご家庭でお年寄りを介護されている方、老人ホームなどに利用されたい方など、ご関心がありましたら、直接コチラへご連絡ください。

株式会社スミロン
製造本部調達グループリーダー
春山英二
電話:(06)6763-0707(代)
haruyama_eiji★sumiron.co.jp
メルアドは、スパム防止の為@を★に変えてあります。

(了承を戴いた上で掲載しております。)


さて、今回の通訳の仕事内容は、コンベンションだけではありません。

隣接するホテルの会議室で、商談の通訳もするのだ。

商談会場は、Millennium Hotel
mdm7.jpg

目の前はLoring Park
mdm5.jpg
そうか、母兵衛さんがジイサン連れて出没するという公園はここか。

ロビーの床にコンベンションのロゴを投影してあった。
mdm8.jpg
んもう、粋な演出ぅ。

コンベンションセンターからはスカイウエイで繋がっている。
mdm12.jpg
ミネアポリスのスカイウエイは約80ブロック、全長11キロにも及ぶ大規模なもの。
寒い冬に外を歩かなくていいだけでなく、車と歩行者を分けることでダウンタウンの混雑を緩和したりしている。

スカイウエイからビル群を望む。
mdm1.jpg

で、商談のあるときはホテルへ、それ以外はコンベンションセンターへ詰めていた。

二日間のお仕事を終えて、充実感でいっぱい。

いつも病院で医療通訳するばかりで、こういう「医療の裏方」方面を見せてもらったことがなかったので、大変貴重で有意義な経験をさせていただきました。もっともっと勉強せねばと思いました。

普段運動靴が基本の怪人、久々にパンプスを履いて歩き回って、足がめっちゃ痛くなりました・・・。
15年前、このパンプスで新宿を闊歩していたのはやっぱり幻だったようです。

15年前のパンプスをまだ持ってるの?って?
だって年1~2回しか履かないもん。

臭くないの?ってな疑問はコチラのボタンにぶつけてくれたまへ。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

本日のJoey Cam。
joeycam102310.jpg
我が家の居間にあるテレビ。
手前のソファーにフラッシュが当たって輝いてます・・・。

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

MD&Mコンベンションレポ(1)

昨日夜、NYから戻ってまいりました。
もうマックスに楽しかった。
penguindizzy.gif

NYサイコー。

疲労度もかなりいっちゃってたけど、アドレナリンハイだったので今日あたりどーんときます・・・

NYレポはまた後日。

今日の記事は先々週、コンベンションセンターで通訳の仕事をしたときのことです。


10月13日と14日、ミネアポリスで医療機器のコンベンションがあり、通訳として行ってまいりました。

MD&Mは"Medical Design and Manufacturing"(医療機器のデザインと製造)の略で、某商工会議所が日本のいくつかの会社を伴って参加したので、今回のお仕事はそのお手伝いです。

ミネソタに12年住んでいながら、ダウンタウンにはめっぽう弱い怪人。
はっきり言って、右も左も解りません。

丸1日となると駐車料金もバカにならないだろうし、バスで行くことにしました。

林檎谷の怪人宅からすぐの場所にP&R(Park and Ride)という、無料駐車場付きバス停があるので、そこまで車で行って、バスに乗ります。

7時半に家を出て、7時40分のバスに乗りました。

窓の外にはウロコ雲。
mdm19.jpg
(白い線は、窓に反射したバス車内の蛍光灯。)

片道3ドルでダウンタウンまで約30分。
バスは特別のレーンを走れるので、渋滞でのろのろ運転の車を横目にさっさと進みます。

2NDと10THの角で降りて、会場まで約6ブロックを歩きました。

コンベンションセンターに到着。

Minneapolis Convention Center
mdm2.jpg

この建物を見ると思い出す・・・

まだ有名になる前のリース・ウィザースプーンとワタシの大好きなポール・ラッド主演の
"Overnight Delivery"
(1996年製作、邦題は「恋のから騒ぎ」)
という映画。

ミネソタ大学の生徒っちゅー設定のワイアット(ポール・ラッド)がディンキータウンを走り抜けていく場面があったりして、ミネソタ人は必見です。

アイビー(R・ウィザースプーン)とワイアットが乗った車がコンベンションセンターに横付けされたと思ったら、なんと

中が空港。

オシッコちびるかと思うくらい笑いました。

本当の空港から撮影許可が降りなかったのか??

笑いあり!
涙あり(笑いすぎで)!

お勧めの映画です!

話がそれまくってますが、コンベンションセンター。
mdm4.jpg

ミネソタのプロ野球チーム、ツインズの名物、マウアー像がここにも。
mdm3.jpg
ミネソタ各地にあるそうです。

ダウンタウン在住の母兵衛さんはたくさん見てるらしいねえ。(→コチラとか。)

朝9時からの契約でしたが、朝8時半に着いてしまったので、中のコーヒーショップでコーヒーとクロワッサンを食べた。

mdm9.jpg

さて、ホールの中へ。

mdm10.jpg

大きなホールの中には1000くらいのブースがあって、各会社がセッティング中でした。

mdm11.jpg

ちょっと自由な時間に色んなブースを見て廻りました。

ガラスでできた、キラキラの循環器模型。
mdm15.jpg

呼吸器も。
mdm16.jpg

まあ!

なんてステキ臓器!!

実際にどう活用するのかは謎ですが、家のデコレーションとかに欲しいなと思うワタシはやっぱり変人?

ステントなどに使うのであろう、小さな器具がずらりと展示されてたり。
mdm13.png

大きな吸引機(バキューム)で重いものを持ち上げて見せている。
mdm14.jpg

ロボットアームが試験管を動かしていた。
mdm23.jpg

もう何につかうのやら全く解らん。
mdm24.jpg

さあ、お仕事するわよ!

その模様は明日に続く。
(そしてNYレポを書く時間を稼ぐ。)

ポチッとね。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

本日のJoey Cam。
joeycam102410.jpg
?????

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

 | HOME |  次頁へ移動する»

FC2Ad

 

プロフィール

おうし座の怪人

Author:おうし座の怪人
生息場所:合衆国ミネソタ州
家族:怪人(笑われると快感な変態吉本気質)、
ダンナ(マレーシア出身中国系アメリカ人)、
長男ジョーイ(16歳、まったり系自閉症)、
次男ジャック(触ればはじける14歳)。
写真の転載は予め下のメールフォームでお問い合わせください。許可のない転載は禁止させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ランキング♪

1日1ポチ、たのんます!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

摂氏/華氏 温度変換器